知らずに疲れているサイン

自分では無理をしていないつもりでも、知らないあいだに身体は悲鳴を上げていることがあります

なんでもない壁に腰や足や肩をぶつけたり

車のドアの距離感がつかめなくなっていて、ドアを開けた時に足を強打したり

晴天の日、外に出ると目が開けられないほど、眩しさを感じたり

続きを読む 知らずに疲れているサイン