天気で体調が左右される原因

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

仙台は梅雨に入りました

梅雨明けは7月28日頃だとか

 

天気が悪くなると何だか体調が悪くなるという症状を経験したことはありませんか??

わたしは雨の日に頭痛になりやすい気がします(m´・ω・`)

 

実は多くの女性が天気や気圧、湿度の影響で体調を悪くしていると言われています

 

よく雨の日は頭痛になりやすいというのを聞いたことがありますが

最近では体調だけではなく心や肌にも変化が出るという人も増えています

 

天気で体調を崩すのは男性より女性の方が多い

 

天気や季節で体調を崩す女性は男性の約3倍

特に20~30代の女性に多いと言われています

 

原因は不明なのですが、ホルモン分泌が関係しているのではないかとも言われています

 

天気が悪い時に出る体調不良は自律神経の乱れが原因であることが多い

 

天気が悪くなると急に体調が悪くなることがあります

この原因と言われているのが自律神経の乱れです

 

自律神経には2つあります

ストレスを感じた時に優位になる「交感神経」
リラックス時に優位になる「副交感神経」

 

普段はこの2つの神経が生活しやすいようにバランスよく働いているのですが、天候の変化で交感神経の方が活発化し、それが痛みとなって出るのが頭痛です

 

実は鎮痛剤を飲んでも効かないという人が多く悩んでいる女性も多いそうですが、その原因は耳にあります

 

 

耳にある内耳で気圧や天気の変化を感じとり交感神経が活発化した場合

三半規管などにも影響を与えている場合が多いので、鎮痛剤ではなく三半規管を正常に戻してくれる酔い止めの方が効果を感じられると言われています

 

その他、自律神経の乱れ以外の原因としては気圧の低下によって血液循環が悪くなることも考えられます

 

気圧の低下から、体のあちこちが膨張

管が膨張して低血圧になったり、頭の血管が膨張することで頭痛が起きたりします

 

また、血液やリンパ液など全身の流れが悪くなり、体調不良が起きるとも言われます

 

天気に負けない体作りを!自律神経を整えるための対策

自律神経は日頃から乱れないように整えておくことが大事

ホルモンと自律神経は関わりが深く、自律神経が乱れればホルモンバランスも崩れるため、女性はとくに注意が必要です

 

自律神経を整えるために日頃から心がけておきたいことを次回!( `・ω・´ )