人は見た目が大事

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

人は見た目がなんちゃらというのが流行っているようですね

たしかにビジネスにおいて見た目はとても重要です

第一印象を良くするコツ
誰もが通る試練の面接!実際、面接官ってどんなところをみてるの??

 

第一印象の力は思っている以上に大きい!( `・ω・´ )

相手に良い印象を持ってもらえれば、コミュニケーションがスムーズになり、良好な人間関係を築くことができます

 

とくに営業マンという職業では、見た目は想像以上に重要

見た目がイマイチだと、話をする土俵にも上がれない

 

商談相手は、「見た目は良くないが、中身はいい人かもしれない…」などとはなかなか思ってはくれません

 

ビジネスってシビアですねσ(-ω-*)

 

スーツなどの洋服に気を使うのはもちろん、髪やにおいや小物にまできめ細やかに気を使うことができるようにしたいもの

もしかしたら、いい結果につながっていないのは、実力が足りないのではなく、見た目という基本的なマナーを守っていないからなのかもしれません

 

そんな営業マンにおいてはペンも重要な身だしなみアイテムなのです!

 

ペンでチャンスを失った営業マンの話

お客様というのはよく、営業マンの持ち物を観察しているものです

トップ営業マンはそういった事実をよく知っており、意識して「持ち物」を選んでいます

担当の営業マンが安っぽい手帳と粗品でもらった軽そうなボールペンを使っていたらどうでしょう

この人に任せて大丈夫だろうか…

と不安になるのも無理はないですよね!

 

あるお客様はビジネスホテルの名前が入ったプラスチックのボールペンを使っていた営業マンの商談を断ったそうです

この営業マンはボールペン1つでチャンスを逃したというわけです!

 

万年筆のメリット

 

人事が見ているのは見た目

 

 

選考のポイントはぶっちゃけ見た目です

 

多くの会社さんでは人事が、派遣会社のスタッフコーディネーターは1日に多くの人をジャッジしないといけません

 

それも限られた時間で

当然、一人一人じっくり話を聞いている時間はありません

 

もちろん、志望動機、経験、理念というものも採用基準の一つの要素であることは間違いないですが、

どうしても「見た目」が基準になってしまうのも無理もないですよね

 

どんな場面においても見た目が大事になってくるというのがわかりますね

 

トップ営業マンのトークや話術をすぐに習得するのは難しい

でも持ち物を真似する事は今すぐできますよね!

 

騙されたと思って一つだけでもいい物に変えてみましょう

想像以上にモチベーションが上がりますよ(*´艸`*)

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >