夏に麦茶を飲む理由

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

どんどんと気温が上がってきましたね

夏本番が近づいてきていますね!

お仕事にも遊びにも気合が入りますね!( `・ω・´ )

 

ところで夏といえば何を思い浮かべますか??

 

…麦茶ですよね!( ´ω`)

 

夏は熱中症の可能性がぐんと高まるので、水分補給は大事です

身体を動かす仕事でも、オフィスでデスクワークでも関係なく熱中症の可能性はあるので、みんなが気を付けないといけないところです

 

そこで夏の定番の飲み物である麦茶

夏に多く飲まれるにはなにかワケがあるはず

 

麦茶の意外な効果

 

 

身体を冷やす効果

麦茶の原料である大麦には身体を冷やす効果があります

夏場のクールダウンをしたいとき、運動をした後など

火照った身体を冷やすのにはもってこい

 

ただし冷たすぎるのはNG

なるべく常温で飲むのが良いです

 

血液をサラサラにする

汗をかくと体内の水分量が減り、血液はドロドロになります

麦茶にはピラジンと呼ばれる成分が含まれており、血の塊をできにくくし

血液の粘度を下げる働きがあります

 

暑い日が続いて、汗をかきやすい夏に血液をサラサラに保つためにも麦茶はぴったりの飲み物です

 

ちなみにピラジンという成分は麦茶独特の香り成分です

 

 

ミネラルたっぷり

熱中症対策では水分補給が大事になってきますが、ただ大量に水分を取れば良いというわけでもないのです

汗をかくと同時に体内のミネラルも同時に排出されてしまうため、健康な体内には、水分とミネラルがバランスよくないといけません

 

麦茶にはカルシウムや鉄、ビタミンBなど身体にとって嬉しい成分もたくさん含まれているし

水分とミネラルを同時に摂取することができます

 

胃腸の働きを整える

麦茶はカフェインが含まれていないので、胃が弱い人でも安心して飲めます

また、胃の粘膜を保護する作用もあります

 

ある実験で、胃にキズをおったマウスに麦茶を与えたところ、そのキズの炎症が抑えられたという報告もあるくらいです

 

生活習慣病を予防する

 

 

麦茶には、がんや脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病の原因になる、活性酸素を除去する成分が含まれています

そのため、生活習慣病の予防や糖尿病の合併症予防にも効果が期待できるといわれています

 

虫歯予防になる

麦茶は、バクテリアなどの微生物や菌の定着を防ぐ働きがあります

そのため、虫歯の原因菌の菌膜生成を阻害してくれるのです

 

 

麦茶最強\(・o・)/!

夏はお仕事のお供に麦茶を持っていきましょう♪