歯磨きのNG習慣

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

歯医者さんに褒められるのが嬉しくって月1度の歯医者さんが楽しみに

そして毎日の歯磨きも何種類かの歯ブラシを使って丁寧に磨くのも楽しみに

 

歯の大切さを知っているからこそ、毎日の心がけができるわけです

 

なんかわたしいい人になった気分(*´艸`*)??

 

日本の成人の8割以上に歯周病があるという事実をご存じですか

たかが虫歯、歯周病と甘くみてはいけません

 

虫歯や歯周病の原因菌が心臓疾患や糖尿病など多くの重篤な疾患と密接な関係があることが医学的に明らかになっており、歯の健康を維持することが身体全体の健康を守ることに繋がることがわかってきているからです

身体の健康管理は歯の健康管理から始まると言っても過言ではありません!( `・ω・´ )

 

歯磨きの話
歯は全身の健康の原点

 

虫歯や歯周病は原因となる細菌をしっかり除去することで十分に防ぐことができます

 

そこでやってしまいがちなNG歯磨きまとめ

 

力を入れてゴシゴシ磨く

わたしはこれを歯医者さんに注意されます…

力を入れて磨けば汚れがよく落ちるような気がしますよね

しかし強く押し当てると歯ブラシの毛先が寝てしまいかえって汚れがうまく落ちません

ついつい力を入れて磨いてしまいがちですが、強い摩擦力によって歯の表面のエナメル質を削ってしまい知覚過敏や歯茎が下がる原因にもなります

 

磨いたあと何度もうがいをする

歯磨き粉の中には磨き心地を良くするだけでなく、フッ素など、歯に良い有効成分も配合されています

口の中に残ると嫌な感じがしますが、たっぷりの水で2回も3回も口をすすいでしまうのはNG

有効成分をしっかり歯に作用させるために、少量の水で1回すすぐくらいがベスト

 

歯磨きは歯ブラシだけ

歯と歯の間は細菌が繁殖しやすい環境にも関わらず歯ブラシが届かないので、いちばん虫歯になりやすい場所です

少なくとも1日に1回は歯磨きの後にデンタルフロスを使い、歯と歯の間の歯垢を取り除きましょう

 

歯間ブラシは部分的にしか歯垢がとりにくいため、歯の側面をまんべんなく掃除ができるデンタルフロスがおすすめ

 

日本でのデンタルフロスの使用率はたったの20%

歯科先進国のスウェーデンの50%以上と比べると半分以下

 

実際例えば12歳児の虫歯の数は、日本では2.4本ですがスウェーデンでは1.1本とこれまた半分以下

 

単純にデンタルフロスの使用率だけが要因ではないですが、デンタルフロスの重要性はうかがい知れますね

 

歯ブラシの交換は気づいたとき

歯ブラシを見て毛先が開いていたら交換、という人もいますよね

確かに毛先が開くと歯ブラシ本来の力が発揮できず汚れを落としにくくなるので、正解( •̀∀•́ )b

 

もっと正解なのは1ヶ月ごとに交換すること

 

口の中は良くも悪くも細菌がたくさんいます

そのお口の中に触れる歯ブラシももちろん最近がびっしりと付いています

 

水で洗い流したくらいじゃなかなか落ちません

 

その上濡れたまま湿気の多い洗面所などに置いておくとさらに菌が繁殖

これを長く繰り返すと歯をきれいにしているのか菌を塗りたくっているのかわからなくなります

 

長くても1か月で新しいものに交換するようにしましょう!

 

きちんと歯磨きをして全身の健康管理を始めましょう♪