協会けんぽと組合健保

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

社会保険の中にも

医療保険(健康保険)
年金保険
介護保険
雇用保険
労災保険

5つ種類の保険がありますが

社会保険の広義、狭義

 

医療保険はさらに5つに分けられます

 

健康保険     会社員などの医療費を保障
船員保険     船員の医療費を保障
共済組合     公務員、教職員の医療費を保障
国民健康保険   自営業者、専業主婦など(上記以外)の医療費を保障
退職者医療制度  会社や役所を退職して国民健康保険に加入した人のうち、厚生年金や共済年金などを受給している65歳未満の人と、その被扶養者の医療費を保障

 

日本で働いている人の8~9割方は、会社員

サラリーマンやOLさんはほとんどは健康保険に入っていると思います

 

なかでも健康保険は加入する組合が、協会けんぽと組合健保に分かれます

 

ちょっとややこしいですが、ほとんどの会社員は、協会けんぽか組合健保の健康保険に入っているということですね

 

同じ社会保険ですが、組合が違うのでちょっと中身も変わってくるわけです

 

違いは大きく分けて3つあります

 

中小企業に多い協会けんぽ、大企業に多い組合健保

協会けんぽは、全国健康保険協会という団体が運営しています

一方、組合健保は常時700人以上の従業員が働いている企業が、自前で健保組合を設立したものです

 

健保組合は、複数の会社が共同で設立することもできますが、その場合は、合計で常時3,000人以上が必要となります

 

つまり、大企業または、そのグループ会社や子会社が中心です

 

現在は1,409の健保組合があります

医療保険の各保険者の比較

 

都道府県別で保険料が決まる「協会けんぽ」
自分たちで決められる「組合健保」

 

協会けんぽと組合健保の違い2つ目は、保険料

 

協会けんぽの保険料は、協会が都道府県別に料率を設定します

平成29年度保険料額表|健康保険ガイド|全国健康保険協会

 

この料率を、標準月額報酬という、給与額を丸めた数字に掛けて保険料を計算します

 

一方、組合健保の場合は、保険料率は3%~13%の範囲で健保組合ごとに設定して良いことになっています

実際には、協会けんぽよりも、少し安く保険料率が設定されています

 

あとひとつ違いがありますが、ちょっと詳しくなっちゃうので次回!( `・ω・´ )

 

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >