毛細血管の老化は全身を劣化させる

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

最近よくわからないけど、なんだか体調不良がつづく…

加齢のせいにしたくはないし、病院に行ってもとくに病名がつくわけでもない…

 

上司は疲れがとれないと嘆き

お友達は原因不明の咳が出続ける症状に悩まされ

わたしはいつもの腹痛

 

忙しい現代人とはいえ、体調不良にいつまでも振り回されたくはないですよね!

 

最近、なんとなく不調が続く、という症状の正体がわかってきたらしいです

 

その原因は、毛細血管にあり!(`・ω・´)

 

毛細血管はそもそもどんな働きをしているのか

 

血管には大きく分けて3つ

動脈、静脈、毛細血管

総称して血管と呼ばれています

 

動脈と静脈は高速道路や国道のような幹線道路

毛細血管は市街地や山間部の細い道路のようなものです

 

毛細血管は身体中に張り巡らされている直径約100分の1の極細血管で、血管の約99%が毛細血管です

つまり、人体におけるいちばん大きな臓器ということになります

 

血管の役割

毛細血管はただ細いだけではなく、とても重要な役目を持っています

・酸素を全身に届けて二酸化炭素を回収
・栄養素を全身に届けて老廃物を回収
・免疫物質を派遣し病原菌や細菌から身体を守る
・熱の放出をコントロールし体温を一定に保つ
・ホルモンを運び各所に情報を伝達

というのを24時間休むことなく行っています

 

この毛細血管に元気がないと形が崩れ、一部消えてしまう部分も出てきます

管はあるのに血液が流れていない「ゴースト血管」が増えると、頭痛や肩こり、倦怠感などの体調不良に陥ります

それ以外にも、シミ、シワ、白髪などの老化現象も顕著になってしまいます

 

逆に、毛細血管が元気だと、栄養がすみずみまで届いているぶん、細胞のターンオーバーがスムーズに行われ、見た目も若々しく心身ともに健全になるというわけです!

 

つまり、どんなに食事に気を配っても、栄養を届けるルートである毛細血管が機能しなければ意味がない

 

例えば、次のような身体の不調や老化現象は、毛細血管の劣化と深く関わっている可能性があるのだそう

・薄毛、毛が抜けやすい、白髪が急に増えた
・顔色が悪い、シミ、シワ、たるみがある
・頭痛、肩こり、腰痛がある
・忘れっぽくなった、だるい、イライラする
・眠りが浅い、寝つきが悪い、夜中に目が覚める
・胃もたれ、胃痛、お腹がはる、酒に弱くなった
・風邪をひきやすい、疲れやすい
・痔、頻尿、月経痛、更年期障害がある
・手足が冷える、震える、むくみがある
・爪が白っぽい、欠けやすい、凹凸がある

 

といった症状がある人は毛細血管がピンチです

 

 

毛細血管の偉大さがわかったところで次回は血管を元気にする方法を次回!(`・ω・´)

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >