時間は作るもの

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

時間がない、時間がない

1日が24時間なんてたりない

と感じるようになっていたこの頃

 

OLさんにどハマリなこの曲を聴きながら最近通勤しています

 

あるネットニュースをみていたら、こんなニュースがありました

自己流の仕事にこだわる人は結果を出せない
http://toyokeizai.net/articles/-/173458

というキャッチのこのニュース

 

よくあるビジネス関係の考え方のやつか~

ネタになるかな~とか思いつつ何気なく読みすすめていったのです

 

著者は、将来の幹部自衛官を養成することを目的として創設された学校、防衛大出身のひとで

一般企業に入社した1年目は、全然ダメダメ

 

自分では一生懸命に取り組んでいるつもりでも、結果がついてこず、上司からも「もっと結果を出せ」と叱咤されるばかり。そんな状況に気持ちばかり焦り、いきあたりばったりで仕事する、そんな悪循環に陥っていました。

 

よくあるよくある~

とここまでは読んでいました

 

防衛大1学年は「3歩以上」歩いてはいけません。「3歩以上は走れ」がルールとして定められているからです。学生舎内も、食堂に行くのも、風呂に行くのも駆け足。夏場は、風呂に行くだけで汗だくです。その汗を風呂で流した後、今度は部屋まで駆け足で戻るのでまた汗だく。1学年で歩行が許されるのは、足を骨折した人のみです。このルールには、防衛大の時間に対する考え方がギュッと凝縮されています。

「時間は与えられるものではなく、つくるもの」

 

防衛大時代に学んだ「結果を出すためにすべきこと」を仕事に応用してみることにしました。すると、状況が一変しました。ぐんぐん営業成績が上がり、入社2年目から4年連続売り上げナンバー1、営業MVPも独占、さらには入社6年目で異例の営業部長就任、2年間で会社の売り上げを160%アップさせるなど、どんどん結果が出たのです。

 

そこまでしてないと時間って作れないよね

本当にやりたいことをするにはそれくらい必要なことだな

とハッとしました( `・ω・´ )

 

時間は作るものという言葉は知っていたし、大事にしていたつもりだけども

実際に行動していたかと言われると、本気じゃなかったかも…

 

自分の時間を作って楽しむためには普段から時間を大事にしていないとダメですよね

 

この本読んでみたいな~

最近本読んでなかったな~と

 

いろいろ気づいたニュースに出会った、という備忘録でした(。-∀-)