残業時間の上限は1カ月で45時間

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

最近 残業ついてニュースになっていることが多いですよね

 

必要なときはあるけど、それ以外はわたしはできれば残業はしたくないですね

定時よりちょっとだけ早くこっそり帰る日だってあります(・x・)

 

 

長時間労働規制強化がサービス残業を誘発するのではという声や

一方で残業がないと困る!という人がいるとか…

 

日本の残業はどんな方向に進んでいくんでしょうσ(-ω-*)

 

ところで!

そもそも残業(時間外労働)は本来臨時的なものだとして最小限にとどめられるものであり

原則月45時間まで!と決まっているのをご存知ですか??

 

とっくに超えてるよという人も多いと思います

 

お友達とも残業の話になったときに

 

基本残業ってだめなのよ

でもそういうわけにはいかないから月45時間までって決められているのよ、という話をしたら

 

きょとん顔(・ω・)

 

意外と知られてないのね…σ(-ω-*)

 

労働法では

そもそも労働基準法では残業は禁止されており、

労使間で「36協定」という協定を結んだとしても、原則として残業時間は45時間が上限とされているのです

労働基準法と36協定

“使用者が労働者を1日8時間を超えて、また1週間で40時間を超えて労働させることは原則としてできません(労働基準法32条)。ただし、使用者と労働者の代表(または労働組合)の間で協定を結び、これを労働基準監督署に届け出た場合には、協定内容に沿う形で法定労働時間を超えた労働をさせても、それは違法とはなりません(労働基準法36条1項)”

この協定を労働基準法36条にちなんで、36協定(さぶろくきょうてい)と呼んでいます

 

会社と労働者の間で「36協定」という協定を結んだ場合に限り、その会社は例外的に時間外労働が可能になるのです

 

36協定の中身

協定を結んだとしても、原則として、時間外労働の限度に関する基準が

1ヶ月の場合は45時間、1ヶ月について延長時間が45時間を超えるのは、年6回までとしています

ただ、臨時的に限度時間を超えて時間外労働を行わなければならない特別の事情が予想される場合に備えて

協定の中に特別条項というものを定めることができます

 

自分の会社は36協定はあるのか??

上限は??など気にしてみるのも大事ですね

 

でもでも早く帰っておうちでゆっくりしたいから

残業なんてごめんだから

お仕事をてきぱきと片付けられるように効率を考えてやりたいね

 

お友達とそんな話をしたのでした( _´ω`)_