なぜローマ字入力が主流??

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

今やお仕事に欠かせないパソコンやタブレット

事務職の人にとってパソコン操作の早さがお仕事の早さに大きく関わってきます( `・ω・´ )

 

ところでキーボードには、みてわかるように

ローマ字入力と、ひらがな入力の2種類があります

 

ほとんどの人がローマ字入力ですよね

9割以上がローマ字入力なんだとか

 

確かに、かな入力をしている人はかなり少ない

それはわたしの自分の周りを見渡してみてもそうです

みんなローマ字入力

 

どうしてここまでローマ字入力が主流になったのでしょう・・

 

かな入力なら1回キーを押せば入力ができるのに

ローマ字では子音と母音の2回叩かないといけません

 

手間がかかるのに・・・

 

ちょっと不思議ですよね(・ω・)

 

ちなみに5月20日はローマ字の日です

財団法人日本のローマ字社(NRS)が1955(昭和30)年に制定。
ローマ字国字論を展開した物理学者・田中舘愛橘の1952年5月21日の命日に因み、きりのいい20日を記念日とした。
5月20日 今日は何の日~毎日が記念日~

 

ローマ字入力が主流になったワケ

ポイントはキーの数

ローマ字入力の方が、覚えるキーの数が少ないということがポイント

 

ローマ字入力の場合、覚えるキーは最小23個で済みます

 

かな入力だと45個+2個(濁音・半濁音)の47個

さらに英字を入力する場合も考慮するとさらに23個増え、合計70個のキーの場所を覚える必要があります

 

明らかにかな入力の方がハードルが高いですね

 

昔は英語しか使えない時期があった

パソコンはその昔英語しか使えない時期があったそうな

プログラミングもすべて英語だし

当時のユーザーはそもそもローマ字入力に慣れていたそうです

 

日本語を入力するときだけ、かな入力に切り替える方法もあったそうですが

ローマ字とかな、両方で入力するのは大変だということで、次第にユーザーの間ではローマ字入力が主流になっていったそうです

 

初期ユーザーからパソコンを教わる新規ユーザーは、必然的にローマ字入力を覚えます

パソコンテキストなどにもローマ字入力が基本的に載るようになり、今のような圧倒的な割合を占めるようになった

というわけらしいです

 

わたしもパソコンを習うときは当然のようにローマ字の入力方法で習いました

 

ローマ字入力もかな入力も、それぞれメリットがあるので一概には言えませんが、これから文字入力を覚えようと考えている方は「ローマ字入力」がおすすめですね!

 

速くて正確な入力ができることが第一( `・ω・´ )

ローマ字の日にちなんだローマ入力主流の謎でした

 

解けてなんだかすっきりした(*´艸`*)