日焼け止めの効果を伸ばす方法

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

日焼けが気になり始めたので、日焼け止めを買おうとお店をフラフラ

スプレータイプが気になってます( `・ω・´ )

 

日焼け対策基礎知識!

たかだか日焼けと思うことなかれ、ですよ

男性はなかなか気にしないと思いますが、日焼け・紫外線によるお肌のダメージは計り知れません

 

ピチピチでいつまでも若々しくある人はお仕事もデキる!

 

・・・σ(-ω-*)

 

ということで

 

日焼け止めを買うときに気になること、基礎知識

 

SPFとはなんぞや

PAとはなんぞや

紫外線吸収剤だの

紫外線散乱剤だの

 

などなどだらだらと調べました

 

 

この前日焼け止めについて知ったことのなかには
日焼け対策基礎知識!

SPFは「紫外線を浴びてから皮膚が赤くなるまでの時間」を引き延ばす効果を示しているということ

SPF50 20時間50分
SPF30 10時間

 

さて、SPF30を塗ったから10時間は大丈夫だ!

 

と安心してはいけません

 

「日焼け止めはこまめに塗り直さないとわかっている

でもなかなかズボラな性格上こまめに塗り直すなんてむずかしい」という人は

どうしてこまめに塗り直さなきゃいけないんだっけ??というのを再確認して、

 

知らなかった人はきちんと日焼け対策をしましょう!( `・ω・´ )

 

こまめに日焼け止めを塗り直さないといけないワケ

無意識にやってしまう頬杖

顔に触れる手

皮脂や汗

 

当然時間が経つと日焼け止めはムラが出てきたり、落ちたりします

 

できれば2~3時間に一度塗りなおすのが理想

 

高価な日焼け止めを一日一回しか付けないよりかは

安価な日焼け止めを何度も塗り直して使う方がよっぽど効果的

 

化粧水と一緒ですね

高い化粧水をちまちまと使うよりかは

安い化粧水をじゃぶじゃぶ使ってたっぷり潤す

 

お肌が乾燥していると効果半減

肌が潤っている人と乾燥している人では、同じ紫外線を浴びても、紫外線ダメージの受け方が全く違います

肌が乾燥していると、細胞と細胞の間に隙間ができて紫外線が入り込みやすい状態になってしまいます

 

日焼け止めのUVカット効果をアップさせるためには

まず肌を乾燥させないように保湿をしてから日焼け止めを使うことが大事です!

 

高い化粧水をちまちまと使うよりかは

安い化粧水をじゃぶじゃぶ使ってたっぷり潤す(。-∀-)

2回言いました。

 

化粧直しが面倒なとき

塗り直しが必要とはわかっているけどなかなかできない理由に

一度メイクをした後に日焼け止めを塗りなおすのがすごく面倒σ(-ω-*)

というのがあります

 

ファンデーションやチークと混ざり合ったドロドロになってしまうんですよね

そんなときはパウダーやスプレータイプの日焼け止め付け直すと◎

 

 

一説によると、シミやシワは老いからくるものではなく

浴びた紫外線によるものが大きな要因となっているらしいです

 

今日一日の塗り直しが将来のお肌を決める・・・

この一手間で夏を色白美人で乗り切りたい!(・∀・)