間違っている敬語

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ゴールデンウィークも明け、きっちりと切り替えて

お仕事モードですね!( `・ω・´ )

 

ところで言葉遣いって難しいですよねσ(-ω-*)

 

新人さんが徹底的に教育されることの一つにマナーがありますよね

マナーといっても、電話対応、名刺の渡し方、来客対応などいろいろありますが

とくに手こずるのが言葉の使い方

 

謙譲語と尊敬語の使い分けは難しいですよね

 

最近、少し変な言葉だなσ(-ω-*)

と思う敬語があります

 

実は間違ってるかも!その敬語

 

以前も少し例を書いたのですが、そもそも

 

尊敬語とは

相手の動作・状態・事物などを高めて言い表す言葉

謙譲語とは

自分側をへりくだって表現することで相手に敬意を表す言葉

丁寧語とは

「です」「ます」など、相手に対し敬意を表して丁寧にいう言葉

 

これは基礎知識ですね( `・ω・´ )

曖昧なバイト敬語

最近とくに気になるのがこのバイト敬語

飲食店やコンビニエンスストアの店員さんがよく使う敬語です

 

「ご注文は以上でよろしかったでしょうか」

レストランなどでよく耳にするこの言葉も、気になるバイト敬語のひとつ

 

今受けた注文を「よろしかった」と過去形にすることで丁寧さは加わるものの

不自然さを感じる人も多いですよね

 

ほんとうは「以上でよろしいでしょうか」「以上でございます」が適切なのです

 

「メニューのほうお持ちしました」もおかしな敬語

「メニューをお持ちしました」と言うのが正しい

 

そもそも、「~のほう」は方向を示す場合や、「コーヒーより紅茶のほうが好き」のように、2つあるうちの片方を指す場合に使います

 

断言を避けて遠回しに言いたいのかもしれませんが

曖昧なだけでちょっと耳障りな印象を与えてしまう表現です

 

ゴルフをしている人が気をつけたい敬語

この春新入社員となって人の中には、上司や先輩の影響でゴルフを始めたという人もいるのではないですか??(☆∀☆)

 

そんな時に気をつけたい敬語は

上司や先輩のゴルフの腕前に、「さすがはお上手ですね」

 

これも実はNGなのです(; ゜ ロ゜)

 

なぜなら、相手の能力を自分が評価していることになるから

相手を評価する立場にない者が使うのは適切ではないのです

 

そもそも、目上の人を褒めること自体が難しいんですよね

「素晴らしいショットで感動いたしました!」

と自分の感想に言い換えたほうが非礼にならず、スマートな感じがあります( `・ω・´ )

 

言葉は大切なコミュニケーションツールであると同時に、自分を表現するものなので気をつけていきたいですよね

曖昧な言葉、これってどうなんだろうという言葉と出会ったら

 

うやむやにせずにぜひ調べてみると面白いですよ(。-∀-)

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >