呼吸筋を鍛えるメリット

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

最近、呼吸が浅すぎるのが悩みです

事務所でパソコン作業をしているとき

気づいたら息止まっている、浅すぎる

 

自宅で寝ているとき

息止まっていて苦しくて起きる

 

みなさんは心当たりありませんか??

 

わたしだけかな…(´・ω・`)

 

 

OLさんやサラリーマンの人などデスクワークが中心の人はどうしても、日常的に運動不足、猫背になりがち

 

猫背や運動不足が続くと、呼吸筋が凝り固まり、質の高い呼吸ができなくなるのだそう

 

正しい、質の高い深い呼吸ができていないと

肺を動かす呼吸筋が衰え

身体に取り込む酸素量が減り

自律神経のバランスが崩れ身体の緊張状態が続きます

すると血管や筋肉が収縮し身体がリラックスできずに、疲れや不調を引き起こします

 

呼吸ひとつとってみてもいろいろな影響があるのですね

 

正しい呼吸を身につけることができれば、健康になること間違いなし

 

あと寝ている間に苦しくて起きるとか

いやだ!!(´・д・`)

 

正しい呼吸のメリット

 

アンチエイジング

呼吸をすると横隔膜、内・外肋間筋、胸鎖乳突筋など様々な筋肉が使われます

深い呼吸でしっかりと筋肉を使うことで、身体のすみずみまで酸素が行き渡りいつまでも若々しくいられます

 

血流改善効果

深い呼吸で酸素がしっかり身体に行き渡ると、自律神経が血管を拡張させて血流が促進されます

血流が改善することで冷え性改善、デトックスや美肌効果が!(*´艸`*)

 

疲労回復

血流が改善されると、全身の疲労物質が血液によって流されるため、疲れにくい身体になります

それだけでなく、内蔵器官にもまんべんなく栄養を運んでくれるので内蔵の働きもよくなり、代謝もアップします!( `・ω・´ )

 

リラックス効果

自律神経は何かに対してやる気に満ちている状態で働く交感神経と

休んでリラックスしているときに働く副交感神経によって成り立っています

 

呼吸を深くすることで副交感神経が優位になるので

仕事が忙しい!全然進まない!。゜ (゜´Д`゜)゜。

と焦っている時こそ深く呼吸をしてリラックスすることが大事です

 

体温調整効果

自律神経の働きの一つに体温調整の機能もあります

自律神経が乱れると風邪をひいたり体調不良を引き起こしやすくなりますが、これも呼吸を正しくすることで予防にもなるのです

 

これから暑くなる夏、事務所では女性は寒い、男性は暑い、とちょっとした揉め事になりますが

呼吸を正しくすることで少しは改善するかもしれませんね!

 

次回は呼吸筋ストレッチの方法を書きます( `・ω・´ )