おうちで復習してきてね!は残業か??

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

社会人としてのマナーから、業務の詳細なことまで

多岐にわたる研修を受けている新人さん

大変ですよね…

大変だけど会社研修のおかげで社会人としてのマナーが身についたり

その分野の知識がついて、私生活の意外なところで役になったりするものです

 

わたしは以前車屋さんに勤めていたので

タイヤとホイールサイズの見方だったり

車とのホイールのマッチングだったり

 

車を少しは自分で整備できたり意外と役に立ってます

 

派遣会社の研修といえば

法律関係が大部分を占めます

 

労働法(正式な名前ではないけど)とはこういうものだよ

その中に派遣法という法律もあって最近改正されて変わった部分はこれ

 

あとこれとこれとこれは絶対覚えること!

 

 

…結局全部!

 

なのでこの新入社員が入ってくる4月はビシバシ研修の真っ最中です

 

 

ただし覚える量が尋常じゃない(‘ω’)

 

覚えきれないと思うから、ちゃんとおうちで復習してきてね!とか

直接は言われなくてもそんな雰囲気がある…とか

 

どこの会社さんにもありえそうな状況ですよね

 

 

いくら仕事とはいえおうちでのリラックスの時間はあまり削りたくないですよね

一日慣れていないことをひたすらずっとやっているわけだし(´・ω・`)

 

家でも仕事のことなんて、これって残業になるんじゃないの??(  ゜Д ゜)

 

「労働時間」とは「使用者の指揮命令下に置かれている時間」

労基法32条のいう労働時間(「労基法上の労働時間」)は、客観的にみて、労働者の行為が使用者の指揮命令下に置かれたものと評価できるか否かにより決まる。就業規則や労働協約、労働契約等で、特定の行為(実作業のための準備行為など)を労働時間に含めないと定めても、これらの規定には左右されない。労基法上の労働時間は、就業規則に定められた所定労働時間とは必ずしも一致しない。

(24)【労働時間】労働時間の定義|労働政策研究・研修機構(JILPT)

 

使用者向けに、労働時間の適正把握のためのガイドラインを新たに定める。
○ 内容として、
① 労働者の「実労働時間」と「自己申告した労働時間」に乖離がある場合、使用者は実態調査を行うこと
② 「使用者の明示または黙示の指示により自己啓発等の学習や研修受講をしていた時間」は労働時間として取り扱わなければならないこと等を明確化する。(H29年より実施)

厚生労働省|「過労死等ゼロ」緊急対策

 

上司の指揮命令下に置かれている時間

つまり研修の時間は労働時間にあたります( `・ω・´ )

 

また、自宅での宿題を出したり、自宅で覚えてきて!という指示を出したりする行為は

 

厚生労働省が新たに定めたガイドラインの「明示または黙示の指示」に該当する可能性があり、その場合は労働時間となり、会社は残業代を支給しなければなりません

 

厚労省の指針はあくまで指針に過ぎないため法的な拘束力はありません

 

ですが会社側は研修は勤務時間中に完結させることを意識する必要がありますね

 

 

勤務時間後に研修の復習をするかどうかは新人さんの自己判断で決めること

ある程度は自分なりにかみ砕いて理解する必要はあると思いますが…

 

それでも会社側が勤務時間外の「自習」を強要する場合は、それは労働時間に該当する可能性があるのだということを覚えておくといいですね(・∀・)