1日10秒のポジティブ習慣

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

4月も10日が過ぎ、会社のルールや業務内容などなど

新人さんはいろいろ研修を受けて知恵熱が出そうな毎日だと思います( ´•ω•` )

 

事務職に就いた人だと電話対応や来客の対応など

接客業務だと営業トークの練習をしたりもしますよね

商品を扱う会社はその商品の詳細を事細かに覚えないといけません

 

会社に入社して初めてのことだらけで、苦手意識が抜けないままだと

会社行きたくないな…

と正直、憂鬱な気分になることもありますよね…((>ω<。))

 

そんな新人さんに伝えたい、習慣づけておきたいポイントがあります!( `・ω・´ )

1日10秒のポジティブ習慣

1日10秒間、楽しいことを思い浮かべるだけで、幸せな気持ちで毎日を過ごせるようになるのだという研究結果があります

 

人間の脳というのは複雑なようで実は単純なところもあります(  ̄▽ ̄)

 

「ネガティビティ・バイアス」と呼ばれる

ネガティブな体験の方が記憶に残りやすい、という特性があります

恐怖や怒りを抱くような状況は、命に関わることが起こる割合が大きいため

脳は基本的にネガティブな感情のほうが重要だ、と判断しているわけです

 

一方でポジティブな感情はすぐに忘れてしまいます

長く覚えていると生存に必要なものを追い求めなくなるため、不利になってしまうのです

 

ネガティブなことはずっと覚えているのに、ポジティブなことは全然残らないのは、人間が生き残るために獲得した脳の性質なのですね

 

進化の過程でネガティブになってしまった人間の脳ですが、脳は変化することもまた事実

 

ポジティブな体験を脳の中に意識的に取り込むことを習慣化することでポジティブになれます!

 

毎日10秒から30秒ポジティブなことを噛み締めるようにするだけで、だんだんポジティブな気持ちが思い起こされるようになっていくそうです

 

仕事を終えた満足感とか、お掃除が終えて綺麗になったのを見るとか

苦手だったものが少し慣れてきて大丈夫になったとか

 

日常の小さなこと、些細なこと

 

ポジティブなことを思い出して、その気持ちに集中してみることが大事です

そうすることで、脳に「ポジティブな感情は重要!」ということを覚えさせることができるのだとか

 

ちょっとしたポジティブトレーニングを繰り返していくことで、ちょっとやそっとじゃくじけない明るい気持ちを持つことができますよ(´∀`*)

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >