平熱を上げるコツ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

平熱が高いと免疫力が高まり、ウイルスや細菌にもかかりにくくなると言われています

基礎代謝も上がり、言うことなしですよね

反対に、体温が低いと血行が悪くなり、免疫も低下します

病気にもかかりやすくなったり、肩こりや生理痛、不眠などの重い症状が現れることもあります

運動と質のよい食生活で基礎代謝を上げて、平熱を上げることが大事ですよね

 

低体温に悩んでいる方は、生活習慣を見直して、体温を上げましょう!

 

体温を上げるための工夫

 

毎日腹巻を着用

わたしの愛用腹巻は5枚

毎年1~2枚ずつ増えています

 

全身の血液の循環が悪いと体のあちこちが貧血状態になり、冷えきった状態に

特に皮下脂肪が多い腹部は冷えやすく、腸の働きも低下してしまいます

 

腸は排泄を一手に引き受ける臓器なだけに、たくさんの血液と熱量が必要

だから直接お腹を温める腹巻は効果てきめんです

 

毎朝、起床と同時に白湯を飲む

これもいちばん熱を必要としているお腹を手っ取り早く温める方法

これですごくポカポカに!というわけではないんですが、胃腸が温まって活性化される気はします

 

腸が活動的になると温かい血液が全体に行き渡り、むくみなども改善されると言われています

夜寝る前に白湯を飲むのもおすすめ

夜寝る前に白湯を飲むことをすすめるのは、体に負担がかかりにくいため

寝る前に、ゆっくり時間をかけて、白湯を飲みます

 

ゆっくりと時間をかけて飲むことで、体温が上がります

体温が上がると、お布団の中で寒い思いをしなくて済むし、ぐっすり眠れます

不眠症の人にも良いですね

 

体温が上がることにより、内蔵が温まります

内蔵が温まったら、内蔵の働きが活発化します

朝起きて快腸にびっくりするはず。

 

仕事中にもこっそりストレッチ

指先のマッサージで末端の血流をよくしたり、脚をパタパタ動かして冷えやむくみをこまめにケア

好きな香りのハンドクリームなどを付け直しながらマッサージすると、仕事で煮詰まったときの気分転換にもなります

ハンドクリームの日
↑正しいハンドクリームの付け方書いてあります

 

飲み物を温かいものへチェンジ

暖かい事務所などにいるとついつい冷たいものを飲んでしまいますが、可能な限りホットドリンクにチェンジします

ホットペットボトルを常備して、湯たんぽ代わりにすることできます

 

体温が上がれば身体の調子も自然と良くなります

身体が調子がいいと気分も自然とあがりますよね♪(*´∀`*)

 

女性は特に冷えやすいので冷えないような工夫をして健康管理をするといいですね♪

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >