郵便物の切手代の目安

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

先日書留と普通郵便の違いについて書いたときにさらっとふれた

郵便物の金額は重さで決まるという話(・_・

 

宅配便とは違い、料金が変わるのはあくまで重さによるもので、「どこからどこへ」という距離では変わりません

会社で重さを計ってその分の切手代を張り付ければ、そのままポストインできるのですが、計りもないし、自分で送料分の切手を貼ってポストに投函するのは、慣れていないとなかなかの難易度があるような(;´・ω・)・・・

 

毎月この時期の請求書なんかはだいたい重さが一緒ですよね!

この機会に一度しっかり確認しておこうと思ったわけです

 

定形郵便物と定形外郵便物の違い

46eeee83100d6a1838a306cdbf998716_s

 

郵便物のサイズ(大きさや重さ)によって定形(内)郵便物と、定形外郵便物に分けられています

 

例えば、書類を入れた封筒を郵送したい場合、その封筒の大きさや重さが定形サイズ内なら定形郵便物、それより大きい、あるいは重いものなら定形外郵便物というような形になります

郵便局の窓口から郵送する場合ですと、郵便物のサイズや重さの確認は受付の方がやってくれますので、その場で提示された郵送料金を支払うということで間違いないですが、自分で切手を貼ってポストに投函したいというときには、その郵便物がまず定形か定形外かを確認しなければいけませんね

 

同じ50gの郵便物でも、定形郵便物だと92円、定形外郵便物だと120円というふうに必要な切手の額が変わってきますからね

 

定形郵便物
25g以内82円
50g以内92円

定形外郵便物
50g以内120円
100g以内140円
150g以内205円
250g以内250円
500g以内400円
1kg以内600円
2kg以内870円
4kg以内1,180円

 

■82円切手で送れる目安は

郵便を82円で出す場合は、「A4コピー用紙で5枚まで」

A4のコピー用紙は約4g

角2封筒 (A4がそのまま入る封筒)
重さは、13.4g
大きさは、240×332mm

長3封筒 (よく使われている長方形の封筒)
重さは、4.7g
大きさは、120×235mm
・手紙や便箋を封筒に入れて送る
・取引先に見積書や請求書を送る
このような日常的な郵送代は、82円で大丈夫ですね

58644e2a924cb257082cec76d9f5e098_s

 

■正確には

郵便局の窓口にある、料金計算用の専用計量器に載せて重さを計ってみない限り、料金がいくらになるかは不明

料金の境界近くの重さの場合、自宅で重さを計って切手を貼っても、郵便局で計ると違う重さになり、料金が不足する事があります
外に持ち出した事により湿気を吸って重くなるなどが原因みたいです

 

定形郵便物と定形外郵便物の違いや料金が分かれば、わざわざ郵便局に行かなくても、自分で自信を持って切手を貼ってポストに投函できますよね

定形サイズと定形外サイズの微妙なところの大きさのものを送るときには、使用する封筒や、中身の書類の封入を工夫して定形サイズに抑えてしまえば、少し切手代が節約になるかもしれませんね