冬でも使える扇風機

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

今年の夏も大活躍した扇風機

もう寒くなったから掃除して片づけちゃった…

なんて人はいませんか??

わたしはまだまだ仕舞いません!

 

ずぼらなのね…って思わないでください

この冬も扇風機は大活躍するのですよ!

 

エコにもなる冬の扇風機の活用は絶対にやっておきたいものです

むしろ仕事の事務所にも扇風機を置いておきたいくらいなのでまとめてみました

エアコンと併用で足元まで暖かく!

623c818c7876156236e7518d0a2b5151_s

 

暖房をしているときに、天井のあたりに手を伸ばして、暖かいかどうか確認してみてください

場合によっては、床近くより5℃から10℃も高くなっている場合があります

暖かい空気は上に、冷たい空気は下へ流れます

空気をかき混ぜることによって部屋全体の温度を上げることができます

 

このとき扇風機は向きを上向きにして、直接身体にあたらないようにすると、暖かさが損なわれません

かきまぜることで必要以上に暖房機器を使わなくて済み、その結果省エネに繋がります

部屋のどこに置けばいいか

扇風機を天井に向けて回し、温風が上から下へぐるっと回るように対流を作れば、効率的に部屋全体を暖められます

扇風機をエアコンの対角の遠いとこに置いて、部屋の隅の滞留冷気を天井方向(真上)に流してやれば天井で滞留している暖かい空気と混ざって部屋を効率よく温めてくれます

ストーブの場合も同じ!

ストーブを右の壁際に置いてある場合は、左の壁から1メートル離れたところに扇風機を置き、ストーブに背を向けて、できるだけ壁面の上の方に向けて風を送ります

嫌な結露対策にも扇風機

d9a11a92b519a59d3a0cac9177a3173c_s

放っておくとカビの原因にもなる嫌な冬の結露

とくに窓がびしょ濡れなんてこともありますよね

これも扇風機で解消することができるのです!

車のフロントガラスのデフロスターと同じ要領で、空気中の水分が窓にくっつく前に、水分を飛ばしてしまえば、結露を大分防ぐことが可能です

押入れの結露にも使える

引き違いの押入れの戸の2枚を真ん中に寄せます

押入れの中の空気も、やはり、天井面に近づくほど温度が高いので、できるだけ押入れの壁面の上の方に扇風機を向けて風を送ります

左側から送った風は、反対側の右側から出てきます

風をつくることによって、澱んだ空気を攪拌し、結露をつくりにくくします

 

もう素敵すぎる扇風機

 

わたしの家には狭いくせに2台も扇風機があります

ひとつは洗濯物乾かし用に

もうひとつはお部屋の空気循環用に

 

ちょっと困っていることが解決するとそれだけで気持ちがすっきり

お部屋が快適になるとゆっくり休むことができて、明日のお仕事も頑張れますよね!

ということで冬の扇風機をぜひ活用してみてください~♪

SAYA072160011_TP_V