ぎっくり腰になったとき

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

最近上司たちを襲う体調不良

 

顔を虫に刺されてお仕事に集中できない

お尻が痛くてお仕事に集中できない

ぎっくり腰になって通勤もままならない

動きがすごくゆーーーっくり(。・ о ・。)

 

そんな事態が発生しております

 

年を取るといろいろ大変なのですね(´・ω・`)

まだ若々しい40代と30代の上司ですが…

 

なかでもぎっくり腰は通勤もままなりませんので(部下にビル入口まで車を付けてもらったり、クッション持ってこさせたり)、一刻も早く治したいもの

 

ぎっくり腰になったことがないので、どれほど痛いものなのか想像もつきませんが

コルセットを巻いて、自宅でゆっくり温かいお風呂に浸かって、軽いマッサージなどなどすれば、治りが早そうな気がしますよね

omg151018250i9a2443_tp_v

 

でもそれは間違った認識だったようです!

 

もし自分が早くにぎっくり腰になってしまった時のためにも

当社はぎっくり腰持ちが非常に多く、業務に支障が出る人も少なくないので!

 

ぎっくり腰になった時の正しい対処法を調べてみました!(`・ω・´)

そもそも腰痛になる原因

運動不足

体を動かす機会が少なく、座っていることが多い人などは、腰を支える筋力が衰えたり、腰部やお尻、下肢などが冷えやすくなったりするため、腰痛につながる場合があります

上司は完全に運動不足ですねきっと

腰痛に対するおそれ

意外と多いのが、腰痛後に残る不安感です

腰の負担を考えすぎてしまい、運動を避けたり、動作を制限したり…痛みが治まったあとも、腰部の筋肉がコリ固まっていることがあるため、心配しすぎずに適度に動かすことが必要になります

 

アンバランスな姿勢

日頃、座っている時間が長かったり、仕事で同じ動作を繰り返したり…といったことから、同じ部位に筋疲労を生じやすくなることがあります

すると姿勢が悪くなり、腰部へ負担が増すケースもあります

_m023257_tp_v-1

 

精神的な緊張

精神的な緊張を強いられる環境では、姿勢を支える筋肉の働きが低下して腰部への負担が増したり、痛みの感受性が高まったりすることがあります

そのため、腰痛を防ぐためには心のリラックスも大切です

 

原因がわかったら、対策を立てないといけませんね

でも腰痛とは厄介なもの

たくさん気をつけていないといけないことがあったので、次回詳しくまとめてみます!(^-^)/