熱中症予防には牛乳

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

最近お仕事の疲れを溜め込まないように、ジョギングや半身浴で汗をかくという楽しみが増えたのですが、その分お水をたくさん飲まないと熱中症などなど危険なことがありますよね

 

熱中症は、暑い環境の中で体温調節機能がうまく働かなくなり、体温が異常に上昇して起こる病気です

予防にはこまめな水分補給が大事

 

お仕事の時だって、そとでお仕事をしている人はもちろん熱中症に気を付けないといけないし

事務所の涼しい空間でお仕事をしているときも身体の水分は失われているので、脱水症状にならないように、こまめな水分補給は大事になってきますね

 

熱中症が軽症の場合は、その場の応急処置ですぐに回復しますが、重症になると脳に後遺症が残ったり、死に至る可能性がある恐ろしい病気なんです

2df1b4c059904e1211001b5d23c14f25_s

 

お仕事中に倒れたり、自宅でひとり誰にも気づかれずに倒れたなんて想像をしたもんだから…((((;´・ω・`)))

 

予防するには、ただお水を飲んだらよいのか、スポーツドリンクがよいのか、お茶が良いのか…悩んじゃいますよね

汗をかくと、水分と一緒に塩分も失われるので、塩分が含まれているスポーツドリンクは、熱中症に有効です

 

ですが、もう一つ熱中症予防に効果的な飲み物があることは、ご存知ですか??

その効果的な飲み物とは、牛乳です!

牛乳の意外な効果

804b0f7ddef46f0d975ef9ab0a794fcb_s

 

牛乳が熱中症に効果的なんて、ちょっと意外な気がしますよね

牛乳には水分は含まれていますが、塩分はそれほど含まれていません

では、なぜ牛乳が熱中症予防に効果があるのでしょう??

 

牛乳には、アルブミンというたんぱく質が含まれています

アルブミンには、血管内に水分を引き込んで、血液を増やす作用があります

血液量が増えると、皮膚に近い末梢の血液量も増えるので、汗をかきやすくなったり、皮膚表面から熱を放散する機能が高くなったりします

 

つまり、体温を調節しやすくなるのです!

 

熱中症は、体温調節機能が働かなくなり、体温が上昇することで起こるので、血液量が増えて、体温調節しやすくなると、熱中症を予防することができるのです

飲むタイミングも大事

牛乳を飲むタイミングも大事だそうで、運動後が効果的

ec17aac7df06c3c2048e6654b8444731_s

 

また、30分程度のウォーキングの後にコップ1杯の牛乳を飲むことを続けると、普段の血液量も増加しますので、熱中症予防なり、暑さに強い身体を作ることができます!

 

牛乳がちょっと苦手という人もいると思います

そのような場合には、ヨーグルトやチーズなどの乳製品でも代用可能

牛乳が苦手でも、飲むヨーグルトは飲めると人も多いですよね

 

これからは、夏の暑い時期は、スポーツドリンクだけでなく牛乳も用意しておくと良いですね!

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >