お仕事に集中する方法 日焼け対策編

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

日焼けが気になる季節になりました

 

といいつつわたしは息抜きのゴルフでがっつり日焼けをしています

手がパンダ(ΘωΘ)

 

パソコンを操作するたびに自分の腕がパンダになっているのが気になってお仕事に集中できません

 

美白を目指している女性にとって日焼け、お日様は天敵

 

全部完璧ガードしてるわ、というご婦人

顔や腕、足などに気を取られがちですが、もっともっとダメージを受けているところがあるのを知っていますか??

 

これ以上、日焼けが原因でお仕事に集中できない事態を避けるため、気をつけておきたい日焼け対策をまとめてみました

顔以上に紫外線を浴びている「髪の毛」

ダメージを受けてバサバサになった髪はお仕事のじゃまになります

 

そしてかなり焼けやすいのにお手入れを怠りがちな場所でもあります

 

体の中で一番太陽に近い位置にある頭皮や髪の毛が受ける紫外線量は、顔に比べて3~5倍以上の量

髪の強度も無くなるので切れ毛や枝毛の原因に、カラーリングしている人は色も落ちやすくなります

acbbdb3f96f3a4bc0fdec1e449a68a3d_s

どんな対策をしたら良いか

UVカットの帽子や髪専用の日焼け止めスプレーを活用する

 

一般的に、紫外線が強いのは午前10時~午後2時までの4時間と言われています

お出かけの時間がずらせそうな時は、午前10時前、または午後2時以降に外出するのがオススメ

一番は帽子をかぶるというのが簡単な方法ですが、ヘアー用の日焼け止めスプレーを使用したり、髪の日焼けを守るためには髪の毛を束ねたり、三つ編みしたりすることも効果が期待できます

日焼けしてしまった場合

紫外線を浴びてしまった髪の毛には保湿を

ついうっかり日焼けをしてしまった髪はキューティクルがはがれやすくなり、ダメージを受けてしまいます

日焼けした髪は水分が失われた状態なのでトリートメントケアで潤いを与えましょう

皮膚が薄くて焼けやすい「唇」

ガサガサになっている唇はとても気になってお仕事にならないことが多いですよね!

・唇がカサカサする
・唇の皮がむける
・唇がヒリヒリ痛い
・唇が腫れる
・水ぶくれができる などの症状があれば日焼けをしている可能性が非常に高い

唇は真皮の上のバリア層が薄いために紫外線が届きやすくなるし、毛穴が存在しないので自ら皮脂を分泌して潤いを保つこともできません

夏でもぷるぷるな唇がイイ女の証です

N112_kuchibiruwomottekuru_TP_V

どんな対策をしたら良いか

口紅を塗っているのでリップクリームはいらないと思うかもしれませんが、口紅はリップと異なり油分が含まれているのでこれが酸化すると紫外線を透過させてしまうので、唇の日焼け対策には全く効果がありません!

まずは唇を紫外線から守ってあげるのが重要

UVカット機能があるリップクリームを塗ってあげるのがベストです

日焼けしてしまった場合

氷や保冷剤をハンカチなどにくるんで唇を冷やしましょう

そのあとにたっぷり保湿をした上でビタミンが配合されたタイプの火傷に効く軟膏を重ねると効果的です

普段気をつけているつもりでも思わぬところで日焼けはしているものですね

しっかりと日焼け対策をして、プルプルウルウルな髪と唇で集中力を高めてお仕事を乗り切りましょう

-shared-img-thumb-ASE_014_TP_V