マスクにメガネ 曇らない方法

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

みなさんは普段メガネをかけますか??

わたしは最近メガネを使い始めました

 

ついこのあいだまで視力は1.5以上あったのに、ここ数カ月で0.6にまで低下しました

日に日に見えなくなるものが増えるという事実にショックを受けながら、一方でメガネってすごいな…日本に持ってきてくれたポルトガル人に感謝…

とても複雑な感情で毎日を過ごしています(・ω・。)

 

ところでわたしはマスクをとても重宝して使用頻度もかなり多いです

風邪をひいているとき、風邪ひきそうなとき、同じ事務所で風邪ひいてるくせにマスクつけない先輩上司がいるとき、寝坊したとき…

女性はけっこうマスク使いますよね!

理由、用途は実にさまざま、です!

 

今はメガネをかけるときは、運転をしているとき

会社ではパソコン用のメガネをかけています

ほとんど毎日、一日の大半はメガネをかけて過ごしています

-shared-img-thumb-TOK95_meganenikkori20130208_TP_V

 

そんなときにマスクをつけないくちゃいけなくなると困ることがありますよね

曇る

 

これ非常にストレスですよね(ΘωΘ)

ふわっと呼吸のたびに視界が遮られ、それが自分のせいという何とももどかしい気持ちになります

 

息を止めるわけにはいかないし、メガネ曇らないクリーナーみたいなものもありますが、なんだかもったいない気もする…

 

そこで超簡単にメガネが曇らないようする方法をまとめてみました

 

メガネを曇りにくくする方法

曇りの正体は、吹きかけた息とガラスの温度差によって発生した結露です

マスクを着用すると、鼻の周りに若干の隙間が生じます

鼻から吐いた息がこの隙間を通ってすぐ近くのメガネにかかります

 

その結果、あたたかい息が結露を発生させてメガネを曇らせてしまう、というわけです

メガネの曇りを防止する最善策はマスクをつけた際に鼻付近の隙間をできる限りなくすことなのです!

 

特別な道具は一切必要なし!

ティッシュを1枚用意するだけで、見た目も気にならない”曇り対策”ができます

2be5fb6789b4d8b1c86d46554ad01592_s

マスク上部を外側に折る

マスクの上部(ワイヤーが入った部分)を1cmほど外側に折ります

鼻に当たる部分を外側に折り曲げることで鼻付近のマスクが二重構造になり、息が漏れにくくなります

 

鼻にフィットするようにワイヤーを調整すればさらに隙間がなくなり、鼻から吐いた息がメガネにかかりにくくなる→メガネが曇らない、というわけです

ティッシュを半分に折って、マスクの鼻部分に当てたまま着用

こちらも鼻とマスクの密着度がアップして息がメガネ方向にいかないため、レンズが曇りにくくなるとのこと

 

拍子抜けするくらい簡単に対策できてしまうので、メガネの曇りに困ったときはお試しください!