椿油の活用方法

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

この間実家で椿油を発見しました(ω` )/

椿油とは
椿油(ツバキ油)はヤブツバキの種子から採油されるもので、古くから髪に艶と潤いを与える髪油(水油)の主要な素材として、サザンカ油等の植物性の種実油と共に利用されてきたとされる

平成椿油事情

 

わたしの地元の岩手大船渡市の花はつばきです

市の花と大事にしているだけあって、大船渡には「世界の椿館」があります

世界の椿館・碁石
http://www.sekaino-tsubakikan.jp/

 

椿は種類も豊富

これも椿なの??という新しい発見があります

OJS_rinntositehissoritosakutubaki_TP_V
大船渡の人は椿が大好きなのです

 

そんな椿からとれる椿油はとても万能だということをご存知ですか

お仕事で疲れた体を癒すのにも、女性にとってのキレイの手助けにもなんにでもなっちゃうんです!

ということで椿油の効果と活用方法をまとめてみました

 

美容と健康にいいオレイン酸がたっぷり

椿油の成分の80%以上は「オレイン酸」という脂肪酸

人の肌の主成分は40%がオレイン酸と言われており、これが椿油が髪や肌によいとされる理由

 

頭皮に使えば、栄養を与え、酸化・変質しにくい天然成分で髪を優しく保護します

髪にはしっとりとした豊かな潤いと、弾力性を与え、紫外線をカット(吸光)し、切れ毛・枝毛・抜け毛・白髪・フケ・かゆみを防ぎます

髪が増えるかどうかはわかりません

椿油の使い方

1.シャンプーの後に、洗面器に半分ほどのお湯を張ります
2.その中に椿油を3~4滴落とし、よくかき回します
3.洗面器のお湯を髪にかけ、全体になじませます
4.そのまま洗い流さず、タオルドライやドライヤーで乾かします

343f5ea668c682253a69dc58e0256b83_s

 

髪の量や長さによって、仕上がりや効果が変わって来るので、少しずつ増やしていって適量を見つけましょう!

つけすぎるとべったり…失敗します

美肌にも効果アリ!

椿油に含まれるサポニンという成分には、抗菌作用やお肌の炎症を抑えてくれる働きがあります

それに、大人ニキビの根本的な原因は、乾燥からくる毛穴の詰まり

椿油を塗って毛穴の奥にある老廃物を浮き出してあげるのも、ニキビ予防につながるのです!

 

アロマテラピー&オイルマッサージにも!

お仕事・スポーツなどで疲れた筋肉をほぐすのに、オイルマッサージが気持ちいいですよね

皮脂とは混ざり合いやすいので皮膚に馴染みやすく、血行をよくし、皮膚や筋肉をしなやかにします

マッサージ後にベタつきが気になる場合はティッシュ等で拭き取るか洗い流せばOK!
もうほんとに椿油って万能

思わず実家から勝手に持ってきちゃいました

万能椿油使ってみてください!!

bsAI_IMG_7767