景気がいい!ってどういうこと??

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

みんな、景気が悪くなった…とか最近景気がいいね!とか…なにを見てそんなこと言ってるの??

ぶっちゃけ自分に関係ないでしょ…と思ってました(゚ω、゚)

 

前回、自分の老後が心配だということを書きましたが、まずは日本の経済について知ることが大事

なんで手取りが増えないんだろう…とか

 

社会のお金の回り方とかをざっくりでも知っておくと、老後まで計画が立てやすくなる!かも

ということでまとめてみました

日本の経済のものさし

1.GDP

GDP(国内総生産)といい、国内の生産活動による商品やサービスの産出額から原価などを差し引いた、付加価値の総額のこと

簡単に言えば1年間に国がどれだけお金を使ったの??という数字です

MAX87_yononakakaneshidai20140531_TP_V

 

内訳は個人消費と企業や政府の支出の合計

国内総支出や国内総消費といったほうがわかりやすいかもしれません

 

政府が道路を作ったり、企業が海外進出をしたり、個人がたくさんお買い物をしたりするのは、お金がたくさんあるからやるんですよね

 

つまりこのGDPの推移を見れば、経済が成長しているのか、衰退しているのか判断ができるということです!ヾ(‘ω’)ノ

2.手取りを見てみる

最近の日本の経済は成長傾向です

ですが、お給料を見てみるとそんなに変わらないという人も多い…

むしろ、社会保険関係の支出が多くて、実質の手取りは少なくなっています!

 

社会保険関係の負担が、経済成長を上回っているため、こんな事態に…(・ε・`*)

 

景気がいいとは言われてるけど、家計にまで降りてこないねとか大人が言っているのは、経済成長の恩恵よりも、社会保険の負担が大きく、なかなか景気がいい実感ができないから言っていたのですね

bsCSSS85_kangaerujyosei20131019

3.物価を見てみる

最近値上げのニュースが多いですよね

記憶に新しいのが、ガリガリ君の値上げ

ほかにもお酒やたばこ、ディズニーリゾートの入場料も値上げしましたよね

 

物価が上がることをインフレといいます

物価上昇と聞くと、うわ…やだなと思ってしまうかもしれませんが、経済にとっては値上げは大事なこと

物価が上がらなければ、企業の売り上げも上がらない、給与も増えない、個人は消費をさらに控える…というデフレスパイラルに陥ってしまいます

だからインフレはいいことなのです!(°▽、°)

 

モノやサービスの値段が上がるということはよくよく考えてみると、お金の価値が下がるということですよね

将来どんどん物価が上がってお金の価値が下がれば、今まで貯めていたお金では足りない!という事態になるということになり得ます

そこも考慮しておかないと将来お金に困っちゃうよねというお話です(´ω`)

 

ざっくり経済の見方をまとめてみました

自分がおばあちゃんになったときに困らないために今からもっともっと勉強してみましょう!(`・ω・´)

PAK85_desk15215645_TP_V

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >