寝過ぎるわけ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

今週からゴールデンウィークですね

 

わたしはゴールデンウィークは基本的に実家に帰省するので、半強制的にアクティブになります

実家に帰るついでにおいしいお店を探したり、東北は自然がめちゃくちゃ豊かなので海眺めたり、洞窟眺めに行ったりします

心が洗われる~♪(ω` )

 

せっかくのお休みなので、たまには遠出をしたり趣味に打ち込んだりしたいですよね

 

…でも、普段激務をこなしているという方はゆっくり休むという方も中にはいるでしょう

寝てゴールデンウィークを過ごすという人…羨ましいヽ(゚ω、゚)ノ

わたしはインドア派なのです

 

疲れを取るのに不可欠な睡眠ですが、たとえ十分に眠れていたとしてもなぜだか疲れが取れていない…

そんな経験をしたことがある人わたしだけじゃないはず

8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_s

 

寝過ぎると逆に疲れてしまうという経験もありますね

食い溜めと寝溜めはできません

どうして寝過ぎてしまうんだろ…
てかなんで寝過ぎると疲れるのか??

まとめてみました

 

なぜ寝過ぎるのか

ロングスリーパー

もともと長時間の睡眠が必要な体質である方をロングスリーパーと言います

一般的な睡眠時間、7時間半に対しロングスリーパーは9時間以上の睡眠を必要とします

9時間以上寝ないとやっていけないという人はロングスリーパーかもしれません

しかもロングスリーパーは、遺伝によって決まると考えられています

家族の中に同じように長時間寝ないとダメという人がいれば、あなたは希少なロングスリーパーかも

 

 

他の原因としてあげられるのは

過眠症

ae4d8ccae23d6493dc5431233624e51d_s

 

過眠症は睡眠障害の一種で、その名のとおり過度に眠ってしまう病気

怠け者でもなく、やる気があり、夜遊びもせず早く就寝することを心がけていても、日中に我慢できない眠気があり、 居眠りしてしまう人がいるのです

早寝しているのに…という人は一度病院へ

加齢によるもの

中高年になるにつれ、「よく眠れない」とか「途中で目が覚める」といった声を良く聞きますね

職場にもよくいますよねそういう人

最近朝早いんだよね…って寂しげに言ってた先輩(・∀・`*)

それは加齢とともに深い睡眠が得にくくなっているから

 

年齢の影響で深い眠りが得られなくなれば、疲労回復もうまくできなくなり、その結果ダラダラと寝過ぎてしまうということになってしまうのです

 

いやいやまだ若ぇしヽ(・ω・´メ)

というかたはたぶん生活習慣が原因かも

-shared-img-thumb-PASONA_32_TP_V

 

次回は疲れがとりにくい睡眠になりやすい生活習慣の原因をまとめてみます!

加齢による睡眠不足はまだ感じたくない先輩の為にも!ヽ(≧∀≦)ノ