ガッツポーズとハイタッチの仕事での効果

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

来週4月11日はガッツポーズの日なんです!

本当にいろんな記念日があるものですよね…

 

嬉しいことや目標を達成した時など思わず出てしまうガッツポーズ

主にスポーツをしてゴールを決めたときなど出ちゃいますよね!

喜ぶ時の表現としては、ハイタッチも仲間と喜びを共有するときにしますねヾ(‘ω’)ノ

 

でもこれって何でしちゃうの??

しかもガッツポーズやハイタッチにもお仕事に通じる意外な効果があっただなんて!

いろいろまとめてみましたよヾ(o´∀`o)ノ

ガッツポーズの由来

ガッツポーズ1974年4月11日にガッツ石松さんがチャンピオンになったときに、手を上げたポーズを新聞がガッツポーズと命名したのが起源という説があります

しかし、実は、ボウリング雑誌「週刊ガッツボール」の1972年12月14日号の中で、ストライクをとったときに思わずしてしまうポーズを「ガッツポーズ」と書いたのが最初とも言われています

諸説あります。。

ガッツポーズをするスポーツ しないスポーツ

皆さん気づいてましたか??

ガッツポーズをするスポーツとしないスポーツがあるんです!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-06-MAX87_uewoyubisasuha-hu20140531500-thumb-1000xauto-4972

 

野球でピッチャーがバッターを三振に討ち取ったとき、ガッツポーズします

サッカーやバスケットボールでゴールを決めたときもガッツポーズをします

しかし、マラソンでゴールしたときは、両手を挙げて手のひらをパーにすることが多いですよね!

ガッツポーズをする場合としない場合の違いは2つ

 

1.ガッツポーズはびっくりしたときに起こる

ピッチャーがバッターを三振に討ち取った場合、討ち取れるかどうかは寸前までわからないので、討ち取れた場合びっくりしてガッツポーズします

しかしマラソンの場合はゴール地点があらかじめ決まっているで、びっくりはしません

ガッツポーズもしないのです(・ε・`*)

 

2.競技が続くスポーツはガッツポーズが起こる

ピッチャーがバッターを三振に討ち取っても試合は続きます

バッターが交代したり、攻守交替するだけです

だからガッツポーズヽ(°▽、°)ノ

マラソンはゴールしたらそれで競技終了です

ガッツポーズは起こりません

ガッツポーズの原理

02f6f69106fb6255e4e57be23738ae97_s

実は、手のひらをパーにすると身体全体の緊張や集中が和らぎます

マラソンはゴールしたら集中が途切れても問題がないので手のひらがパーになります

しかし野球やサッカーでは集中が途切れると、その後の試合に影響が出るので、手のひらがパーにはなりづらく、グーのガッツポーズが自然と起こります

グーは脳に緊張や集中の信号を送る効果があり、試合によりよい結果をもたらすとも言われています

また、競技前に意識してガッツポーズをすることで気合が入り、いい結果に結びつきます

お仕事でのハイタッチの効果

新たな取引先を獲得したり、会議で自分の案が採用されたり、仕事がうまくいったときにはやっぱり喜びたいし、褒めてもらいたいものですよね

とはいっても、ひとりで渾身のガッツポーズを決めるのは、嫌味にも捉えられかねません…

職場のみんなと喜びを共有できて、なおかつ簡単で嫌味のない感情表現がハイタッチです

1:テンションが上がる

手と手が合わさったときの「パン!」という音は、心地よくて気分がいいタイミングよく決まると、ますますテンションが上がり、さらなるヤル気が湧いてきます

2:チームワークがよくなる

仕事は各々で取り組むものですが、やっぱり職場のチームワークは重要

個人プレイに走ってばかりいては、やがて行き詰まってしまいますよね

喜怒哀楽を分かち合ってこそ、絆は深まっていきます!!

3:血行が良くなる

同じ姿勢のまま何時間も過ごさなければならないデスクワークは、血行が悪くなりやすい

肩こり、むくみの原因になります軽い運動をすればいいと分かってはいても、つい後回しにしがち

そこで、ハイタッチ思い切り腕を伸ばして、「イエ~イ!」と手を合わせることで、血流改善脳の活性化にもつながりますヽ(○`・v・)人(・v・´●)ノ

47cbb295a2d97a108bb4bc4db0c1b32c_s
 

 

ハグやハイタッチは、海外では当たり前のように行われています

日本でもそれほど親密な関係でなくても、することに違和感はありませんよね…?

 

上司とでも…??( ´ー`)

 

効果を試してみてください♪