涙活があるらしい

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

涙の数だけ強くなれるよ♪っていう歌ありましたよねヾ(・∀・)ノ

つらいことや悲しいことがあったとき、人は感情を抑えきれなくなり、涙を流します

泣いたら負けという負けず嫌いところがあるからか、泣くことは良くないことというイメージもありました

なきびっちょってからかわれますしね…ヾ(・ε・`*)

 

これ以上、ストレスなんて抱えられない!とキャパオーバーになると思わず涙してしまうという方も多いのではないでしょうか

涙には副交感神経を優位に働かせ、興奮状態を落ち着かせる作用があると言われています

そこで世間では、「涙活」が流行っているそうな(°▽、°)

まとめてみました

-shared-img-thumb-N112_kanashiinamida_TP_V

涙の役割

ストレスが溜まりはじめると、交感神経が優位になり、アドレナリンなどの物質を放出するようになります

アドレナリンには興奮作用があるため、心臓の動きが活発化し、体中の血液が循環するように

 

これは、ストレスに備えて体が緊急体制に入っているのと同じ動き

不安になったり、つらいときに心臓がドキドキするのは、アドレナリンの放出によるものなのです

 

興奮状態にあるココロやカラダを整えるために必要なのが「涙」

涙を流すことによって副交感神経が優位になり、心身ともにリラックス状態に入ることができます

涙の中にはストレスホルモンが含まれており、まさに体に溜まっているストレスと感情を表にだすことで、精神的にも肉体的にも楽になれるというメカニズムがあります

 

溜まっていたストレスを一気に発散させるためには、涙を流すことがイチバンということです!

 

感情を無理やり抑えて涙を流さないように我慢していると、やがて交感神経が優位となり、心身のバランスを崩してしまいます

 

-shared-img-thumb-TAKEBE160224530I9A0327_TP_V

できる人ほどハマる「涙活」


1.自宅で映画鑑賞

泣きたい気持ちなのに、なかなか涙を流せない!

そんなときは感性を刺激してくれる「映画」や「本」をみて、心を解放してあげましょう

「涙アリ!」のような作品をわざわざ選ぶ必要はありませんが、そのときの心情に合わせてセレクトすると、ふっとした瞬間に感情が込みあげてくるかもしれませんよ

 

2.定番ソングを決めておく

今までも、つらいことや悲しいことがたくさんあったはず

そんなとき、いつもどんな音楽を聴いていますか??

これを聴けば涙を流せる!!というような「定番ソング」を決めておくと、ストレスを上手にコントロールすることができるようになりますよ

涙スイッチを押してくれるお気に入りの歌、あるいは歌手をみつけてみましょう!

 

 

大人になればなるほど「泣くこと」って忘れてしまいますよねだからこそ意識して涙を流すことが大切なのですヾ(´ω`)ノ

 

特に「涙活」は普段頑張りがちな男性にもとってもオススメですよ!

健康を維持するためにも「涙活」を始めてみては??ヾ(。・ω・。)

-shared-img-thumb-PAK85_meganekuuu20140531_TP_V

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >