バッグの中身をすっきり収納するコツ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

カバンの中身まで綺麗にスッキリと収納されている人はしっかりとしてる人なんだなという印象を持ちます

一方でカバンの中身がごちゃごちゃと、あれ??ケイタイどこ??と探している人は大丈夫かな??となってまうし、携帯電話が鳴っているのにすぐ出てこないとか、意外とストレスになっちゃいますよね!(゚ω、゚)

 

学生のころ、テニスバックを開けっ放しにしていた時、コーチにカバンは閉めておけ!と怒られたことを思い出しました…(ω` )

中身を見える状態で置いといて、もし財布等の貴重品が見えてしまった時…出来心で…なんてということが思わぬ盗難のきっかけになってしまうというとか

盗まれる原因は盗まれる側にもある!ということで禁止になりましたね

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK75_suwetnensyuu20141109154956-thumb-1000xauto-17885

 

それからというもの、カバンの中身は見えないように、と注意をすることが当たり前になりました

とは言っても、何かとカバンの中身は見られているもの

物を出す時、しまう時

 

ちらっと見えるカバンの中身で、周りの人に”自己管理ができない”という印象を与えてしまわないようにすっきりキレイに収納したいですよね!ヽ(゚ω、゚)ノ

カバンの中をきれいに収納する方法3つ

1.中身を全部出して仕分けする

A4サイズの書類が入るカバン、内ポケットがそれなりについているなどなど、中身に合わせたバッグを選んだら、次は中身の選別

 

まず、バッグの中身をすべて出して、毎日使うもの使っていないものに分けます

 

わたしはお財布、手帳、化粧ポーチ、筆箱、印鑑は常に持ち歩いてます

 

毎日使うものの中でも、お財布、化粧品、鍵、筆記用具、などそれぞれ種類別に分けて、バッグinバッグに入れてワンセットにしておくと○

バッグinバッグに必要なものを入れておけば、別のバッグを使うときもそのまま入れ替えるだけでOKなのでかなり便利

さらにポーチを沢山持っておけば、とりあえず散らかる心配は減ります

 

あまり細分化しすぎるとどこに何を入れたか忘れて逆に探すのが大変になるので、ざっくり分類がおすすめですヾ(‘ω’)ノ

2.化粧ポーチの中身は欲張らない

-shared-img-thumb-NKJ56_kosumesets_TP_V

化粧ポーチはついつい欲張ってパンパンに入れてしまいがちですが、一歩ひいて考えてみましょう!

よくよく考えればこれ使ってない…というものが見つかったら即、持ち物リストから外しちゃいましょう

 

とか言いつつ、わたしの化粧ポーチにはリップが4種類も…でも使い分けてるからいいんです!ヽ(`・ω・´)ノ

3.縦が基本

バッグinバッグを薄いポーチにしてミルフィーユの層のように立ててバッグの中に入れると、スペースが無駄にならず上から見ても探しやすく取り出しやすくなります

 

 

カバンの中身がきれいだとその持ち主までもイイ人に見せてしまうものですよね♪

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MAX87_uewoyubisasuha-hu20140531-thumb-1000xauto-17156

 

しばらくカバンの整理整頓してなかったからやってみよう…

ということでカバンの収納術でしたヾ(。・ω・。)