ブルーライト対策

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

スマホやパソコン、LED、テレビなどは今では無くてはならないもの

その光に含まれているブルーライトにも日焼けの原因がある事がわかりました

目だけでなく、お肌にも悪いだなんて…

日焼けの原因である紫外線が一番多くなる季節は夏

でもブルーライトは季節が関係ない…

仕事で毎日毎日パソコンかちかちしているOLはどうやってブルーライトから身を守ればいいの?!(°▽、°)

ということで対策をまとめてみました(ω` )

キーワードは「ルテイン」

ルテインという草花や植物、野菜や果物などの食品にも含まれる色素が、ブルーライトを吸収しお肌を守ってくれるのです

 

このルテインが多く含まれているのは緑黄色野菜

特にほうれん草を多く摂取することにより、身体の内部からブルーライト被害に対するケアを行うことができます!

…毎日ほうれん草のおひたし食べる!(`⌒´)

-shared-img-thumb-ASE_024_TP_V

日焼け止めでブルーライトカット

十分なケアを行うには、ルテインを高濃度で配合しているクリームの使用が一番だそうです(`ω´*)

PC眼鏡をかける

わたしも使っているパソコン用のメガネ(-@∀@)

度入り、度なしを選べるし、フレームも選ぶことができます

パソコン用の眼鏡を使い始めて数年に経ちますが、たしかに目の疲れがあまりなくなった気がするし、夕方目がしぱしぱしなくなりました!

目から来る頭痛や肩こりも少なくなってきましたよ

 

デメリットといえばレンズは薄褐色なため、見た目が悪くなること

ヤンキーだのヤクザだの言われるようになります

これは日頃の行いのせいもありますかね…(;-ω-)a゙

モニター画面の明るさを落とす

モニタ画面の明るさを落とすと、目の負担は格段に軽くなります

極端に下げる必要はないのですが、徐々に目は慣れてくるので、ちょっと暗すぎるなと思う程度でも大丈夫

モニターの輝度を適切に下げると目の疲労度が低下することは実験でも証明されているみたいですよ(。・з・。)φ

-shared-img-thumb-OZP73_okusuridasimasyouka20140321_TP_V

反射防止フィルムをモニタ画面に貼る

PCのメーカー各社は画面の鮮やかさ重視で、映り込みの激しいディスプレイを採用していることがほとんど

つややかなディスプレイは暗い部屋でDVDなどを見る時には確かに綺麗ですが、作業をするには不向き

反射(映り込み)防止フィルムを張り、目の負担を軽減させることができます!

おうちで試したいのがさくら色LED照明

SHARPの販売している、ピンク色のLED照明

蛍光色〜昼白色・ピンク色(ソメイヨシノ、八重桜)と様々な明るさに調光できます

 

就寝前にさくら色にすると眠りが深くなるとのこと

良い睡眠で目のダメージは回復されます!

実家がさくら色照明ですが、確かに夜間目が疲れにくいですし、色味と明るさを細かく調整できるのも良いですね

 

最後のさくら色はとくにブルーライト関係なかったですが、目の疲れを軽減させるというところでぜひみなさんにも試して頂きたい!

これからは化粧品でもブルーライト対策のものが増えてきそうなので、フル活用して備えましょう!(。・∀・)ノ゛