歩くことは脳の活性化に

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

最近の仙台の朝は氷点下5度が当たり前で、習慣になりつつあったお散歩が億劫になり、心折れそうになっています

 

ゴルフの練習はもうすでに心折れました(´A`)

 

つい先日もお友達と飲み会だ!とはしゃいでいましたが、電車で行く=寒い中歩くことになるという発想に至ったわたしは、少しの迷いもなく車で出かけたのでした…

お酒も飲めず、結局、駐車場から離れたお店に行くことになったので、相当な距離を歩いたわけですが

 

こんなに歩くことが億劫になっているのは全部寒さのせいにしたいところです!

ですがそんなことを言ったところでお散歩に行く気持ちになるわけでもありません…

-shared-img-thumb-KAZ20140208-P2080083_TP_V

 

そもそもどうしてこんなにお散歩にこだわるのか??

初心に帰って考えてみれば自然とその足もお外へ赴くはず

 

きっかけは「天才はみんなお散歩が大好き」という話を聞いたこと

天才がやっていたときくと俄然やる気もわいてきちゃうミーハーなわたしはさっそく歩き始めたのですヽ(´∀`。)ノ

 

朝目が覚めて歯磨きを終え、洗濯機を回している間にお散歩へ

帰ってきたらご飯の準備をしつつ、洗濯物を干すという流れが出来ちゃったのです!

この間に今日はこんなことをしようとかいろいろ考えるわけです!

お散歩様様(^ω^)

 

スティーブ・ジョブズも、散歩に出かけて重要なことを考えたり、メンバーと一緒にお散歩ミーティングをしていたそうです

 

お昼休憩にお食事に出かけるサラリーマンたちとか、そんなイメージでしょうか

でもお昼で頭がいっぱいだから良いアイディアとかには遭遇しなさそう

-shared-img-thumb-OY151013599586_TP_V

 

歩くことは最強の脳トレになる

歩いている人のほうが平均で60%思考能力がアップすることがわかっています

人間は歩くと心臓の鼓動が速くなり、座っている時よりも多くの血が体内を循環することになるので、血中の酸素が筋肉だけでなく体中のあらゆる器官に行き渡るようになります

 

もちろん脳にも酸素がたくさん供給されるようになります

脳へ流れる血液量が増え、記憶力も向上します

歩いていると画期的なアイディアが浮かんだりするのはこの為です(*´∀`*)

 

気晴らしに30分も散歩をすれば、注意力・意欲・思考力が増大するので、行き詰った思考をリセットすることができます

お仕事中行き詰まったら、お散歩に出かけましょう!

 

脳は、歩いているだけでも、無意識のうちに目に入るすべての景色からさまざまな刺激を受け取り、脳を活発化させているのです

 

歩きたくなってきましたよね??ヽ( ・∀・)ノ

まだまだという方の為に次回は脳トレだけじゃない、お散歩の偉大な効果をまとめてみます!

bs150912275732

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >