音楽の効果

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

みなさんは通勤通学の時に音楽は聴きますか??

わたしは学生のころから今もずっと通勤通学で音楽を聴いています
学生の頃なんかイヤホンが耳にくっついてるんじゃないかと思うくらい聴きまくりでした(´∀`。)

わたしと同じように今でもイヤホンが手放せないというお友達がいます
お家の中でもずっとイヤホン

耳聞こえなくなっちゃうんじゃないかと心配なのですが…

 

音楽によって気持ちが左右されることって多いですよね!

大好きなアゲアゲな曲を聴くと気分が上がる!
思い出の寂しげな曲なんか聞いちゃうと…

そんな音楽って他にもいろんな効果あるよね!と思ったのでまとめてみました!(`・ω・´)

1.「睡眠」の質を上げる

音楽は健康的な睡眠に効果あり!

クラシック音楽を聞きながら眠ることで、不眠症を解消する効果が確認されています

2.ストレスを減少させる効果アリ

好きな音楽を聴くと、脳の中では快楽物質であるドーパミンの分泌が促進されます

音楽にはストレスを誘発する化学物質を減少させる効果があるのです

3.自己認識(自覚)を高める

音楽には人々のムードをよくし、感情を高ぶらせる効果などが確認されていて、なかでも自己認識力(自分の感情がわかる、コントロールできる)の向上が見られています

4.好きな音楽を聞くと痛みが和らぐ

人は自分の好きな音楽を聴くと脳から幸福ホルモンといわれるエンドルフィンが分泌され、痛みを和らげる効果もあるそう

辛いことがあった時に大好きな音楽を聞くというのは有効な方法の一つなのです

-shared-img-thumb-YOU85_musicjyosi20131019172953_TP_V

5.体力の回復もスピードアップ!

ハードな運動のあとに大好きな音楽をきくことで、疲労の回復スピードが早まることが実証されています

エクササイズ中のみならず、汗を流した後も音楽を聞きましょう!

6.悲しみの感情も消える

音楽には鬱の症状を抑制する効果があることがわかっています

ここではジャンルが重要で、クラシック音楽などは効果的ですが、ヘビメタやテクノを聞いても悲しみを消す効果はないそうです

7.血管を健康にする

科学的に音楽を聞いている間に起きている気分の高揚は、血管の正常化にも期待ができます

血流を増加させる効果があるため、幸福感を増やすことが出来ます

8.脳卒中にも効果アリ

フィンランドで行われた調査によれば、1日に2時間音楽を聞いたところ、脳卒中の治癒が早まり機能改善が見られたそう

言語能力や興味関心のレベルも上がったというから驚きです!

9.プレッシャーのかかるスポーツにも効果アリ

テンポの早い音楽はストレスに打ち勝つカンフル剤にもなります

バスケットボールプレイヤーが試合前に音楽を聞いたところ、パフォーマンスが向上、ストレス値が下がったことが確認されています

10.仕事の生産性もアップ

作業中に音楽をかけることで、集中力を上げて生産性を向上させる効果が見込めます

ちなみに、プログラミングやクリエイティブなど、最近では業種によってはイヤホンOKな職場も出ているくらいですよね

bsPAK86_shigotocyumangayomu20140125

11.脳内では瞑想と同じ効果も!

音楽療法などでも研究が進められていますが、ゆったりとした音楽には脳波を瞑想状態と同じ状態に近づける効果があります

家に帰って、ほっと一息音楽を聞きながらボーッとしている時間は知らず知らずのうちに精神統一をしているのと同じ状態になっているのです

 

音楽のチカラってすごいですよね
ジャンルを使い分ければ仕事の効率もアップしそう!

今度はジャンル別に仕事の効率アップの音楽をまとめてみようと思います!(*´∀`*)

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >