大事にしている言葉

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

みなさんは誰かに言われて印象に残っている言葉や、大事にしている言葉はありますか??

 

先週、新年会をしたときに、入社当初、先輩が上司に言われてたことを鮮明に覚えているという話題になりました

あのときあのお店で、何を食べながらというところまで詳細に

 

わたしも何かあったかなーと思い返してみると入社を通り越して、学生時代ですが、先生に言われたことを思い出しました(ω` )

89b228e520b2f6a278f41d2126c72b41_s

「出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない、だからやれ

 

なんでこんなこと言われたのかなーと詳細までは覚えてませんが、若者の本気を出すのはカッコ悪いと思っていた時期でしょうか…

「出る杭」と聞くと、何となく厄介者のイメージがつきまといますが、「出すぎた杭」と聞くと、何だかすごいことをやり遂げた人ように感じるから不思議ですね

 

この言葉のもとをたどっていくとパナソニック(旧松下電器)を一代で築いた経営者、松下幸之助氏が残した名言でした

 

松下幸之助は、「経営の神様」として国内外でその功績が語り継がれていて、ご存知の方も多いみたいですね!

 

例えば、松下電器創業当時のこんな言葉があります

「松下電器は人を作る会社です
あわせて電気製品を作っています」

 

と、人の大切さを創業当時から掲げていたかと思えば、

 

「ご苦労さんええもんができたな
さあ、今日からこの商品が売れなくなるような新商品をすぐに作ってや」

厳しさの中にもユーモアと温かさに溢れた言葉ですよね(´∀`。)

323bfbd848a94b50452563404b36d429_s

 

また、松下氏はこんな言葉も残しています

「失敗したところでやめてしまうから失敗になる
成功するところまで続ければ、それは成功になる」

 

「出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない」と合わせて考えてみると「出る杭」というのが失敗した状態で、「出すぎた杭」というのが失敗を糧に成功を目指す姿勢っぽいですよね!

この姿勢は大事だなと思います

 

「出る杭」つながりで気になった言葉は
「出る杭になれ。出ない杭は土の中で腐る

「出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない」と合わせて、とても印象的なので覚えていました

 

今の自分は「出る杭」どころか「出ない杭」

腐っちゃいます!( ;´Д`)

 

振り返るって大事ですね

思い出したのも、自分の中の奥底の自分が何かを訴えかけている??(・ω・`)??

ということで今日から新たな気持ちで積極的に業務に取り組んでいきたいと思います(`・ω・´)

-shared-img-thumb-PAK82_gannbattekudasai1039_TP_V