ルーティンの効果

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

みなさんはルーティンという言葉を聞いたことがありますか??

スポーツの経験がある方は比較的聞いたことがあるかもしれません

最近ではラグビー・ワールドカップの日本代表の五郎丸選手がとったあのポーズで、「ルーティン」という言葉がさらに広がったような気がします

ルーティンって何??どんなメリットがあるの??

いろいろまとめてみましたヾ(・∀・)ノ

ルーティンって何??

ルーティンとは英語でroutineと書き、意味は「決まりきった仕事」「日々の作業」などがあります

転じて、スポーツの試合などの大事なイベント事の前に、安定したパフォーマンスをするために決まった動作や行動をすることを示します

2fcde843bbba1cb577cfc77c9605a763_s

メリットは??

本番であっても、練習通り、いつも通りの力を発揮することができます

これはルーティンを行うことで技術が向上するのではなく、いつもやっていることをいつも通りにやることで緊張をほぐすという作用を重視しています

迷わずに同じ動作を取ることで精神的に落ち着き、自信が持てるようになる、ということなのです

会社の業務などもルーティンを取り入れると集中力が高まり、スムーズに業務に取り組めるはずです!(°▽、°)

日常生活にもルーティンは取り入れられる

本番でいつも通りの成果を発揮したい、というのは誰もが思うことですよね

ルーティンをするうえで大事なのは、「ここはいつも通りの実力を出せるところだよ」と自分自身を意識させること、落ち着かせること

その点、深呼吸は、リラックスできる良いルーティンです

特に自分が大事にしているルーティンがなく、考えても思いつかない場合は、深呼吸をしてみましょう!(´ω`)ノ

78c44177da7e0c21c3c90865abc9d372_s

 

元プロテニスプレイヤーの杉山愛さんは現役時代に33個のルーティンを行っていたそうです

それを毎日行うことで自分のその日の違いを確認し、調子が良いか悪いかどうかを判断していました

 

他にも世界で活躍しているスポーツ選手の中には独特のルーティンを持つ選手がいます!(´∀`。)ノ

 

五郎丸歩

ワールドカップでも大活躍だったラグビー日本代表の五郎丸選手

その正確無比なキックの際にとられるお祈りのような独特なポーズは大きな話題になりましたね

このルーティンを行うことで、五郎丸選手は体の余分な力を抜いてキックすることをイメージしているといいます

 

ラファエル・ナダル

元世界ランク1位

土のクレーコートで凄まじい強さを発揮することから「クレーの王者」と呼ばれるテニスプレイヤーです

彼のルーティンはその細かさからとても有名で、ペットボトルのラベルがコートに向くように置く、ラインは踏まずにまたぐ、ペットボトルは2本持ち込み休憩の度に交互に飲むなどなどたくさんあります

d33e467528958811a20cf3cd46320670_s

わたしもテニス経験があり、ナダル程ではないですが、細かいルーティンを持っていました

相手に背中は絶対に見せないとか…失点したときは屈伸、深呼吸、帽子を直すなどなど語りつくせませんが、それをすることで自分のいつもの流れを取り戻していました(`・ω・´)

 

ルーティンを生活に取り入れてみる

まずは自分にあったルーティンを探してみましょう!

日頃自分が何気なくやっているけど、やらないとなんとなく気になってしまうなどのものを考えてみます

会社に来たらまずコーヒーを入れて一息、休憩のときは必ずベランダでフレッシュジュースを飲むなどなど!

ルーティンを取り入れて集中しやすい環境を作って、業務の質、生活の質を高めていきましょう!