味覚が変わるワケ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

みなさんは「大人になると味覚が変わる」

だから子どもの頃苦手だった食材も平気で食べられるようになる、というのを聞いたことがありますか??

実際苦手な食べ物も大人になってから口にしたらおいしかった!!なんて経験がある人もいるのでは??

 

わたしはブロッコリーが苦手でしたが、最近ハンバーグの付け合わせのブロッコリーを食べたら、なにこれおいしいじゃん!という衝撃を受けました(`▽´*)

 

ブラックコーヒーも大人が好んで飲んでいるというイメージがあります

大人でも甘いコーヒーを飲んでいる人は見たことがありますが、子どもがブラックコーヒーを飲んでいる姿は見たことがありません

職場でも砂糖を入れて甘くして飲むのはわたしだけです(・ω・。)

 

味覚の変化というのは体調管理の目安にもなるはず

どうして味覚は変わるの??気をつけておきたいことは??

いろいろまとめてみました!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-03-E146_lalaganyubisasu500-thumb-1000xauto-2673

 

子どもというのはまだまだ成長途中

舌も例外ではなく未完のままな上、本能に近い状態で味わっているのです!

甘味は栄養源、チカラの源
塩味ミネラル補給
酸味腐っている
苦み
辛みは味ではなく舌の痛み

子どもは甘い、しょっぱいと言ったはっきりとした味を好み、それ以外は異物、危険な食べ物かもしれないと本能的に感じ取って、嫌いと判断しているのです!

確かにわたしは小さい頃は醤油単品が大好きでした…(・ω・`)

 

大人になると味蕾(みらい)という味を感知する舌の器官がだんだんと衰退し、味蕾の細胞が減ったり、感度が鈍くなったりして少しずつ味がわかりにくくなります

それに加え、経験や理性をふまえて味を判断するので苦みや酸味もおいしいと感じるようになるというわけなのですd(・∀・*)

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s

 

一般に味覚の感度が低下すると、無意識のうちに濃い味付けのものを好むようになります

それだけ塩分やカロリーの摂取量が増え、その結果、高血圧や肥満の一因ともなってしまうのです

 

職場の上司や同僚の中に最近、濃い味付けを好んでいるという人はいませんか??

それはきっと味蕾センサーが鈍っている証拠かも??

このままでは上司や同僚が高血圧や肥満に悩む日々を送ってしまうかもしれません!(・´ω`・)

bsPAK88_onakadetabu15162327

 

味覚が変わったら気をつけておきたいこと3つ

薄味が物足りない??

血圧や血糖値が高めの方で要注意なのは一般の外食や市販の総菜、弁当などは濃い味付けになっているもの

必然的に塩分やカロリー摂取が増えます

最近塩分摂りすぎかな??と気が付いたら、ソースや醤油を掛けるのを控える、塩分を控えた手づくりお弁当にしてみるなど工夫をしてみましょう!

亜鉛不足になっていないか

亜鉛が不足すると、味覚障害だけではなく、ストレスを感じやすくなってイライラしたり、不眠になることもあります

亜鉛はカキ、レバー、うなぎなどに多く含まれています

毎日のように食べるものではありませんが、日常の食事では牛や豚のもも肉、木綿豆腐、納豆、ゴマ、ナッツ類などを積極的にとることが大事

亜鉛不足にならないように食生活を見直してみましょう

 

もし自分やまわりの人で、この人食べ物の好み変わった??という人やしょっぱいものが大好きという人がいたら注意してあげると良いかもしれませんね!(`・ω´・)ノ”

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >