年賀状の正しい漢字の使い方

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

年賀状シーズンですね

毎年年賀状を書いているよという人もいれば、最近は全然書いてないな…という方もいると思います

わたしは出していません…今年からやります!ヽ(°▽、°)ノ

会社でももうすでに年賀状の準備が着々と進んでおります(´ー`)

 

年賀状を書くとき、いつもなんとなく使ってしまう「謹賀新年」という言葉

実際はどういう意味なのか、そういえばよくわからない…という人もいるのでは??

 

「謹賀新年」とは、「賀詞」というお祝いの言葉の一種

賀詞には使い方に色々と決まりがあるので、知らずに使うと危険かもしれません!

 

正しい使い方を覚えて、「おっ」と思われる年賀状を書いてみたい!!

ということで「謹賀新年」に代表される賀詞の正しい使い方、意味についてまとめてみました(`・ω・´)

bsKIM150922327408

 

賀詞によく使われる漢字の意味

「謹賀新年」に含まれる文字には、おめでたい気分になる漢字ばかり並んでいますね

これらの漢字にも、それぞれ意味があります

「賀」「寿」「福」「禧」「慶」 ⇒ 祝いの気持ちを表す
「春」 ⇒ 新年の喜びを表す
「謹」 ⇒ つつしんで、相手を尊ぶ
「恭」 ⇒ うやうやしく、礼儀正しく丁寧
「敬」 ⇒ 尊んで礼儀を尽くす
「頌」 ⇒ ほめたたえる

おめでたい意味を持つ漢字が入っている賀詞を使うことで、相手への礼儀を尽くすことができます

「謹賀新年」の意味・使い方

「謹賀新年」とは、「謹んで新年の喜びを申し上げます」という意味です

うやうやしくかしこまった表現の新年の挨拶がたった4文字でできてしまう、なんとも便利な言葉ですね

賀詞を使うと、長くなりがちな挨拶も短縮できます

活用すれば、小さいハガキでもしっかりと気持ちを伝えることができます

賀詞の使い方

年賀状で「謹賀新年」と書いた後に「明けましておめでとうございます」と書いてしまうと、意味が重複してしまいます

賀詞にはたくさんの意味が含まれているので、使いすぎていないかチェックしながら文章に盛り込みましょう

漢字の賀詞の使い分け

贈る相手によって文字数や使える漢字が変わってきます

部下、同僚、友人などは1文字か2文字で 「寿」「賀」「春」「吉」「安」「慶」「和」など
「迎春」「新春」「賀正」「年賀」「慶賀」「芳春」「寿安」など

上司、取引先などは4文字 「謹賀新年」「恭賀新年」「謹賀新春」「敬頌新禧」など

bsPAK75_gasyunn20141221165318

 

賀詞の基本は4文字

目上の人に送る場合には「謹」「恭」「敬」「頌」などの漢字が入った4文字の賀詞を使っておくのが無難です

1文字や2文字の賀詞は、どれもおめでたい意味は持つのですが、簡素なので丁寧さには欠けます

文章の賀詞

「明けましておめでとうございます」「新年のお慶びを申し上げます」など、文章の賀詞もあります

英語の賀詞「Happy New Year」を使うと、おしゃれな年賀状に仕上がります

「A Happy New Year」だと、「良いお年を!」という大晦日の挨拶になってしまうのでご注意を

 

「謹賀新年」以外にも賀詞はたくさんあります

相手に合わせて使い分けられれば、年賀状もワンランクアップできそうですね(。・ω・。)

最近お友達の結婚式用だったけど筆ペンも買ってあるし、今年は手書きに挑戦してみようかしら

賀詞を使いこなして、新年の喜びをより伝えられる年賀状を作ってみましょう!ヽ(。ゝω・)ノ☆;:*