飲酒喫煙18歳からってどうなの??

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

先日…2週間くらい前ですが、選挙がありました

何気なく投票していましたが、そのときふと思い出したのが、選挙権が18歳に引き下げられたニュース

「民法」上の成人年齢を18歳に、「少年法」適用年齢を18歳未満に引き下げるという話題もあるし、一方で、飲酒・喫煙については、「18歳以上」と現行の「20歳以上」の賛否両論あります

 

どうして飲酒・喫煙の解禁年齢を引き下げてはいけないのでしょう??(・ω・。)

気になったのでまとめてみました

 

昨年6月に、憲法を改正することに賛成か反対かを決める「国民投票法」の年齢が18歳以上に引き下げられました

これに合わせて選挙権の年齢引き下げの議論も活発化し、今年6月、選挙権の取得年齢を定めた「公職選挙法」が改正され、来年の参院選挙から18歳以上が投票できるようになりました

選挙権と飲酒・喫煙の年齢の関係

民法では、親権の及ぶ範囲や、たばこやお酒の飲める年齢を20歳としています

選挙権を与える年齢を18歳にするなら、成人年齢も18歳に引き下げないと合理的ではないというわけです

主な国の飲酒・喫煙の年齢

さらに引き下げの理由として挙げられるのが、海外との比較

法定飲酒年齢はフランスやイタリア、ベルギーなどが16歳以上、イギリス、オーストラリア、ポルトガル、タイ、台湾などが18歳以上で規定されています

アメリカは一部の州を除いて21歳以上です

喫煙は、イギリス、キューバなどで16歳以上、タイ、オーストラリア、アメリカなどが18歳以上です

世界的に見れば、飲酒・喫煙の最低年齢を20歳未満に規定することが主流なのです

bsSUN71_kaigainodaigaku1031

根強い反対論のワケは??

飲酒・喫煙「18歳」引き下げに根強い反対論がある理由として、未成年者喫煙禁止法や未成年者飲酒禁止法の第1条は、『満20年に至らざる者は…』と規定されており、『成年に至らざるもの』としていません

選挙権や成年の年齢引き下げと、飲酒喫煙の年齢を引き下げる話は、その立法趣旨がそもそも異なるので一緒に検討すべきものではないというのです

さらに成人年齢引き下げに関連する法律は200以上あるといわれ、時間が必要との意見もあります

また、解禁年齢を18歳に引き下げれば高校3年生で飲酒、喫煙が許される生徒とそうでない生徒が併存するため、「学校内が混乱する」という意見もあります

 

こうしてまとめてみると飲酒や喫煙の年齢引き下げはたくさん問題がありますね

 

早いうちから政治に関心を持つという趣旨での選挙権18歳引き下げは納得

でも若者の健康を守るという趣旨からすると、むしろ年齢を引き上げてもいいと思いました

わざわざ年齢を合わせる必要はなさそうなのに…法律って大変なのですね

今後どうなっていくのか気になるところですね(・∀・)

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >