イヌを飼うと健康になる理由

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

仕事が終わり遅い夕御飯をひとりで黙々と食べる…

休日をもてあます…

ひとり暮らしをしていると、何かと物寂しくなっちゃう時もあるんです

…こんな時ありますよね??(ΘωΘ)

 

そんなとき、ペットがいたらなぁ(´・ω・`)と考える時があります

 

ペットショップに行って、小さくて可愛いワンちゃんを眺めるのが癒しになっております(o・∀・o)

ペットを飼おう!と思ったこともありますが、住んでるところがペットNGなので飼えないのです

残念(*´・ω・)

 

最近そんな感じでイヌやネコの癒しに助けられているわたしですが、ペットを飼うことは健康維持にも役立つという話を耳にしました!

ペット=癒し だけではなかったのです

素晴らしい

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-RR152_wanko2-thumb-1000xauto-14717

 

職場を見渡してみると、わたしの周りにイヌ等のペットを飼っているという先輩や上司はいません

ペットの魅力を語ってくれる人がいなかったので調べてみました( -ω-)

血圧を下げる

いつも「血圧が…」という話をする高血圧に悩む職場の50代の大先輩にぜひ勧めたい

 

なぜ血圧が下がるのか??

イヌと触れ合った時の癒し効果は絶大です

ストレスホルモンであるコルチゾールの濃度が低下し、さらにストレス軽減ホルモンのオキシトシンが体内に放出される為、血圧や心拍が低下します

 

血圧を下げる効果はネコよりもイヌの方が高いという実験結果が出ています

血圧には収縮期血圧(心臓の筋肉が収縮しているときの血圧)と拡張期血圧(心臓の筋肉が緩んでいるときの血圧)があります

おばあちゃんとか看護師さんがよく言う「上が○○、下が○○」ってこのことですね( ・∀・)

ネコの場合は収縮期血圧は高くなる傾向が見られました

イヌだとどちらの血圧も下げてくれるそうです

大先輩にはイヌを勧めてみましょう!( ゚▽゚)/

コレステロール値が減る

理由にはイヌを飼っている場合における毎日の散歩が挙げられます

尻尾を振って目をキラキラさせてリードをくわえて来られたら、お散歩に出かけざるを得ませんよね

毎日体を動かすこと、またそれにより生活リズムが規則的になることが健康に繋がると考えられます

コレステロールを気にしてマヨネーズを控えている上司にも勧めてみましょう( ・´ω`・ )

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-DB88_haradetana-15162433-thumb-1000xauto-15843

心臓病にもいい!

血圧を下げ、高コレステロールのリスクを軽減するので、心臓病の人にも好影響を与えてくれます

ある研究によれば、ペットを飼っている心臓病患者の28%が深刻な心臓発作を克服しているが、ペットを飼っていない心臓病患者の場合、生存率はわずか6%にとどまる、という数値が出ているそうです

 

去年の健康診断で要精密検査の項目があったのを思い出しました

そういえばもうそろそろ健康診断の時期です…

 

癒しをくれるだけでなく、健康も促進してくれるワンちゃんをぜひ勧めたい!

というか飼いたい!!

なので今週もわたしはペットショップへ行こうと思います(。・ω・。)

 

実はネコ派というのは秘密で(* ´艸`)

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N811_konekocyan-thumb-1000xauto-14670

お仕事を探すならスタープランニング公式サイトへ >