いろんなお仕事 宇宙飛行士ってどうなの??

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

世の中には様々な業種、職業がありますよね

カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で7月23日、油井さんの乗ったソユーズロケットが打ち上げられました
39歳で元航空自衛隊パイロットから宇宙飛行士に転身し「中年の星」として注目を集めています

宇宙といえば星ですよね(。・ω・。)
小さい頃のわたしは星が好きで、星座早見表を片手にずっと空を見ていた時期がありました(。-ω-。)

そんな宇宙で働く宇宙飛行士って、どんなことしてるの??と疑問に思っている人は多いのでは??
ということで今回は宇宙飛行士ついてです!

宇宙飛行士の仕事

テレビではふわふわと楽しそうなイメージが強いです
でも実際は常に危険と隣り合わせ

人類が暮らす地球の外、宇宙で様々な研究や実験、取り組みを行い、宇宙や科学の謎を解明していくことでわたしたちの日常生活をより便利にしていくことがお仕事

実際に7月29日と30日、油井宇宙飛行士は、液体の動きを観察するNASAの実験に関わる作業を行いました
この実験は、容器の中に入れられた液体が、容器内の表面上をどの様に広がっていくのかを観察します(`・ω・´)

実験の結果は、宇宙機の燃料タンクなどの流体を扱うシステムの設計をより良くすることにつながります!

地上でのお仕事

宇宙でのお仕事だけではありません(。・ω・。)
地上では飛行業務に向けた訓練も行いますし、宇宙開発に関するデスクワークもこなしています

13956744303_768c1af649_k

どんな人がなれるの??

●自然科学系の大学を出ていること
●身長や体重、血圧、視力の条件があり、色覚と聴力も正常であること等々

協調性やリーダーシップ、状況把握能力などを持ち、適性が認められた人だけが宇宙飛行士になることができます

試験の倍率で一番高かったのは、野口聡一さんが選ばれた第3回試験の572倍

高校の入試1.2倍だったな…

宇宙飛行士の待遇は良い?

a1180_007778

宇宙飛行士の採用時の本給は大卒30歳で約30万円、35歳で約36万円
専門的な職業ですが、給料はそれほど高くありません

宇宙飛行士候補者として選ばれた人の中には、それまで医師やパイロットなど「高給」と言われる職業に就いていた人も多く、宇宙飛行士になったことで収入が大きく下がるということは珍しくないようです

宇宙飛行士候補者になれば海外での訓練などが始まり、それまでの日常生活は大きく変わります
たとえ宇宙飛行士に選ばれたとしても、実際に飛ぶまで10年近く待たされる可能性もあります

さらに宇宙は美しいばかりでなく、一歩間違えれば命を失うとても危険な場所です

一度でいいから無重力を体験してみたい…という生半可な気持ちのわたしのような人はなれないわけです(*´σω`)

 

宇宙のことが気になったらここに息抜きで行ってみるのも楽しいかも!(*´∀`*)

8月30日まで開催
宇宙兄弟展
6886194666_df918e3416_o

 

まだまだよく知らないすごいお仕事や面白いお仕事等々たくさんありそうですね(*`ω´*)