食べてもOK!太らないお菓子の食べかた

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

オフィスではずっと机に向かってパソコンをカチカチしているだけなのに

なぜだかぐったり(・ε・`*)

脳は思ったよりも消費エネルギーは大きいのですね(°▽、°)

そこでOLの必需品
ちょっとしたおやつ

わたしの机の中にも内緒のおやつが常備されています

甘いものを食べると不思議と幸せな気持ちになりますよね(*・ω・*)

 

なぜ幸せな気分になるのか??

甘いものを食べると脳から「セロトニン」や「β‐エンドルフィン」という
心をリラックスさせる効果のある物質が出ることが科学的にも確認されています

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-10-AMI88_ba-mukuhenuma-500-thumb-1000xauto-3704

 

でも気分転換やコミュニケーションにも少し役立つおやつは
ついつい食べ過ぎになってしまいがち

特に女性が多いオフィスはおやつのオンパレード
いろんなおやつが飛び交いますε-(=`ω´=)

 

ここで気になるのがカロリー
ダイエットを始めようとしている人もまずは甘いものを控えますよね

 

でも食べ方さえ工夫すればダイエット中でもおやつを我慢しなくてOK!(`・ω´・+)

おやつの食べ方ルールのポイントは3つ

1.ゴールデンタイムを守る

1日のなかで1番太りにくい時間
脂肪をため込みにくい、食べてもいい時間が存在します

それは3時のおやつ!ヽ(・∀・)ノワーイ♪

BMAL1という脂肪細胞に脂肪をため込む働きをするタンパク質BMAL1は
午後3時に最も少なくなり、午後10時以降になると午後3時の20倍以上分泌されます

子供の頃の楽しみの時間のひとつ!
ちゃんとした理由があったんですね

この身体の仕組みを考えると
帰りが遅くなって夜10時以降にご飯は避けた方が良さそうです…

2.温かい飲み物を一緒に

おやつを温かい飲み物と一緒に摂ることで満足感が高まります

温度の高いものの方が一度に口にたくさん入れられないので
飲み過ぎ防止に繋がり満腹感を感じやすいのです

冷たい飲み物よりも温かい飲み物を選んで
いつも体温をあげておくとダイエットにも健康にも効果的

香りのいいコーヒー、紅茶、ハーブティー等リラックスしながらお腹も心も満足(*´∀`)b゚

3.100キロカロリーに抑える

間食は1日のエネルギー摂取量の10%が適正といわれています

市販のおやつにもカロリー表示がされていることがほとんどなので、その数値を参考にして、小分けになっているおやつを選ぶと、食べ過ぎの心配も少なくなります

●100kcal前後のおやつ
寒天ゼリー(1個60kcal程度)
こんにゃくゼリー(1個10kcal程度)

●脂質が少なめで食物繊維が豊富なおやつ
きんつば、ようかん(1個130kcal程度)
和菓子は脂質が少なめ
あずきは食物繊維が豊富

●食物繊維が豊富なおやつ
高カカオチョコレート(5粒100kcal程度)
同じチョコレートでもカカオの含有量が多いほうが、食物繊維やポリフェノールが多い

 

時間とカロリーにちょっと気を付けるだけで、大満足の気分転換ができちゃうおやつの食べ方でした☆

これで午後の業務もがんばれますね!(*ゝ∀・)