体調不良で休まないための方法

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

今は風邪が流行っているという時期でもないですが
身に覚えがあるのでこんなお話を…

突然の体調不良で会社をお休み
これは良くないですよね

自分の抱えている業務が滞り
周りの同僚や上司、お客様に迷惑がかかってしまいます

自分としては何としても会社に行きたい
でもどうにも動けない(-`ω´-;A


そんな日ありますよね
あってはならないのですが

風邪等の感染による体調不良は防げます!
もう二度とこのようなことがないように
正しい対策方法を調べました!

先週の金曜日
朝起きると腹痛吐き気高熱

まさかこれは…(`-д-;)
PAK85_lalaonakaitaidesu20140321500
嫌な予感を抱えながら
やっとこさで病院に辿り着き

診断は感染性胃腸炎(ノロウィルス)

はぁ…どっからもらってきたのでしょう
明日お友達とピザを食べる予定だったのに…( ´・_・`)

ノロウィルスとは

幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こすウィルス性の感染症
感染のピークは12~1月頃ですが通年で発生します

人の腸管のみで増殖し乾燥にも強い
とにかく感染力が強く少量のウィルスでも感染・発症します

食品からの感染だけでなく
人から人への感染も多い

原因

二枚貝に多いとされます
主に牡蠣等を食べて症状が出る人がほとんどです

その二枚貝を調理加工した時の調理器具や
調理者の手や指先を介した二次感染も多いのです

あとは感染者のおう吐物や糞便などからも移っちゃうんです!

ノロウィルスの最大の特徴は
アルコール消毒じゃ死なないことです!

もうおわかりですね…

ノロウィルスの感染を防ぐには
手洗いうがいが超重要であると!

菌やウィルスの付着しやすい手指を良く洗うことは
一番簡単で有効な感染予防策なのです

正しい手洗いの仕方

手洗いが不十分になりやすい箇所は親指や爪・指の間です
特にここは注意をして洗いましょう

1.手を濡らし石鹸をつける

水だけではウィルスは落ちません

2.指・手首も洗う(30秒程度)

特に指の間、親指、指先を重点的に

3.石鹸を良く洗い流す(20秒程度)

石鹸自体に細菌やウィルスを殺菌・消毒する効果はありませんが
石鹸の泡と流水の力でウィルスをしっかり洗い落とすことができます

4.使い捨てペーパータオル
(乾いたハンカチ)でふく

供用タオル等は使用しないようにしましょう

5.消毒用のアルコールをかけて
手指に良く擦り込む

ノロウィルスには効きませんが
風邪やインフルエンザには効果絶大です

6.手洗い後のハンドケア

手が荒れるとウィルスが付きやすく
洗っても落ちにくくなってしまいます
アルコール消毒は皮膚を乾燥させる作用があり手荒れしやすいので
ハンドクリーム等を丁寧に塗り皮膚を保護しましょう

手洗いのタイミング

トイレの後
おう吐物・排泄物等の処理後
食品を取り扱う直前
外出先から帰った時
ゴミなど汚れたものに触れた後

徹底した手洗いでノロウィルスを始め
インフルエンザも風邪もへっちゃらです!

感染してつらい思いをしなくて済みますし
会社にも迷惑が掛けることが無くなります!

体調管理も業務の一つです

風邪です(`-д-;)胃腸炎です(`-д-;)と頻繁に休んでいると
自己管理ができない人とされ大事な仕事を任せてくれないなんてこともあり得ます

いつもなんとなくささっと終わらせている手洗いも
社会人としてきちんと行っていきましょう!(*・`ω´・)